メニュー

介護保険・利用者負担額軽減制度について

更新日:2015年7月28日

質問一覧

Q1質問

Q2質問


Q1質問

利用者負担が軽減される制度にはどのようなものがありますか。

Aお答えします

いくつかの制度があります。詳しくはそれぞれの制度名をご覧ください。

高額介護サービス費の支給
 1か月に受けたサービスの自己負担額が高額になり、上限額を超えた場合
負担限度額軽減制度
 施設サービスを利用した場合の、居住費・食事代の負担限度額
災害などによる利用者の減免
 災害や失業などにより一時的に利用者負担額の支払いが困難な方に、一定の期間減額または免除
生計が困難な方の軽減制度
 生計困難な方が軽減制度を取り扱っている事業者のサービスを利用した場合

【お問い合わせ先】
 介護保険課 給付担当
 電話:03-5744-1622 FAX:03-5744-1551

Q2質問

介護保険施設を利用する予定です。居住費と食費が減額される制度があると聞いたのですが、どういう人が該当するのですか。

Aお答えします

世帯及び配偶者の住民税が非課税で、利用する被保険者及び配偶者の資産が一定額以下である場合は、申請により居住費と食費が減額される「負担限度額認定証」を交付します。有効期間は申請された月の初日からとなり、毎年8月が切り替えになります。継続される場合は手続きが必要です。申請は介護保険課給付担当になります。

お問い合わせ
介護保険課 給付担当 電話:03-5744-1622 FAX:03-5744-1551
メールによるお問い合わせ