メニュー

災害時における「居住継続」のお願いについて

更新日:2020年5月2日

  現在、都内において新型コロナウイルス感染者数は増加傾向にあります。こうした状況で災害が発生した場合、開設した避難所が過密状態となり、新型コロナウイルス感染症が広がる危険性が高まります。
  区としても感染症対策を講じてまいりますが、区民の皆さまにおかれましては、避難所での感染拡大を防ぐため、できるだけ自宅での「居住継続」や、親戚・友人宅等への避難をご検討ください。

「居住継続」とは「自宅での生活を続けること」です。
 
「居住継続」のメリット
  ・感染症のリスクが低い。
  ・プライバシーが守られる。
  ・住み慣れているので安心して過ごせる。

いざというときに「居住継続」ができるよう、自宅の防災対策を確認しましょう。

居住継続のための備え

・食料品(例:飲料水、レトルト食品、カップ麺など調理が簡単なもの)
・生活用品(例:カセットコンロ、カセットボンベ、常備薬、ビニール袋、簡易トイレなど)
(注釈1)区では防災用品のあっせんをおこなっています。詳しくはこちら

備蓄例


家具の転倒防止対策
 例:家具を安全に配置する、家具転倒防止器具を取り付けるなど
 (注釈1)区では家具転倒防止器具の支給・取り付けをおこなっています。詳しくはこちら

問い合わせ先

防災危機管理課
(居住継続のための備えについて) 普及担当 電話:03-5744-1611 FAX:03-5744-1519
(家具転倒防止器具の支給について)管理担当 電話:03-5744-1235 FAX:03-5744-1519