区長室

ページ番号:118742335

 
 区における新型コロナウイルス感染症の新規陽性者数は一時期と比較して落ち着きを見せております。これもひとえに、区民の皆様、医療従事者の皆様、飲食店をはじめとする事業者の皆様が継続した感染対策にご理解、ご協力をいただいたおかげであり、厚く御礼を申し上げます。

 引き続き、区民の皆様には季節性インフルエンザを含めた冬の感染対策と、新型コロナウイルスへの対応と社会経済活動の両立をより強固なものとしたウィズコロナに向け、一人ひとりの自主的な感染予防行動の徹底と、積極的なワクチン接種のご検討を、よろしくお願い申し上げます。

区民の皆様へのお願い

  • 混雑する場所や、会話をする際には正しくマスクを着用しましょう。
  • 手指消毒や室内でのこまめな換気など、基本的な感染防止対策を徹底しましょう。
  • 区では当日予約可能なワクチン接種会場も設けております。ぜひ接種の検討をお願いいたします。

ようこそ大田区へ

 大田区は、東京都の東南部に位置し、日本の空の玄関口である羽田空港を有する一方、臨海部や多摩川など、水辺や自然に恵まれております。高度な技術力をもった企業、にぎわいあふれる商店街、馬込文士村等の歴史と文化のまちなど、多彩な魅力があるまちです。
 区には18の地区があり、それぞれの特色を生かしたまちづくりを進めております。そして、その原動力となっているのが、区民一人ひとりの力や自治会・町会、事業者・NPOなど、地域を構成する様々な主体が連携・協働することで生まれる「地域力」です。
 これまで培ってきた大田区の「地域力」を結集し、防犯・防災、福祉、子育て、教育、産業、環境など、あらゆる分野において、きめ細やかでより質の高い行政サービスを提供してまいります。

 さて、区政の動きについてお知らせがございます。
 令和4年10月1日に創業支援施設「六郷BASE」が開設1周年を迎えました。本施設では、創業相談専門員が常駐し、企業や経営に関するきめ細やかなアドバイスや関係性のある区内企業等を積極的に紹介するなど、起業家を全力でサポートするべく様々な取組を行っております。
 また、同日に羽田イノベーションシティ内の交流空間「ピオパーク」も本格稼働から1周年を迎えました。ピオパークにおいても、多種多様な主体と産業のまち大田区の高い技術やノウハウを持つ区内企業が連携し、新たな価値や産業を創造するようなマッチングなどを行っております。引き続き、多様な人々との交流を育み、世界と直結したオープンイノベーション施設を目指してまいります。

 次に、子ども・若者への支援に関する施策についてです。近年の児童虐待の相談対応や不登校、いじめ等の増加に加えコロナ禍による社会情勢の変動は、子ども・若者を取り巻く環境に大きな影響を与えております。
 こうした情勢を背景とし、本区においては、子ども・若者施策を強力に推進し、誰一人取り残さず、子ども・若者の健やかな成長を支援していくため、令和4年10月31日に大田区若者サポートセンター『フラットおおた』をオープンいたします。誰でも気軽にふらっと立ち寄れる居場所であるとともに、公平に一人ひとりに寄り添い、適切な支援につなげていく場所をイメージした愛称といたしました。開設場所は大森駅西口から徒歩一分、池上通り沿いの、大田区マイナンバーカードセンターの5階になります。
 思春期から青年期・成人期への移行期にある若者が必要な支援を受け、円滑な社会生活を送り、健やかに成長できるよう、引き続き地域の皆様と連携しながら取り組んでまいります。

大田区長