このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 大田区からのお知らせ一覧 の中の 大田区からのお知らせ(目的別) の中の お知らせ の中の 大田区伝統工芸士 のページです。

本文ここから

大田区伝統工芸士

更新日:2018年2月19日

制度概要

大田区は、伝統工芸士の社会的評価の向上を図るとともに伝統工芸に対する興味・関心を喚起するため、区内で活躍されている伝統工芸士の方々を認定する制度を創設しました。初めてとなる平成29年度は下記の方々を認定しました。

平成29年度 認定者

本阿彌光洲ほんあみこうしゅう氏(刀剣研磨)

本阿弥光洲

室町時代から日本刀の研磨を生業としてきた本阿彌家に伝わる技法を体得し、
国宝や重要文化財などに指定された刀剣の研磨を手掛ける。
平成26年、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。
平成28年、春の叙勲で旭日小綬章を受章される。

宮ア 靜花みやざきせいか氏(日本刺繍)

宮ア靜花

千年以上の歴史を有する日本刺繍の魅力を国内外に発信する。
英国チャールズ皇太子殿下に作品を献上し、感謝状を贈呈される。
平成29年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」において技術指導を行う。
東京都知事賞、オーストリア・ウィーン市長賞などを受賞される。

伊東 孝夫いとうたかお氏(東京三味線)

伊東孝夫

人間国宝を含む多くの演者の三味線を制作する。
東京都より「東京都伝統工芸士」に認定され、東京都功労賞を受賞される。
大田区伝統工芸発展の会代表を務める。

春原 敏雄すのはらとしお氏(江戸表具)

春原敏雄

50年以上にわたり、掛け軸や屏風などの制作に携わる。
厚生労働省より「卓越した技能者(現代の名工)」に認定される。
東京都より「東京都優秀技能者(東京マイスター)知事賞」に認定される。

吉澤 均よしざわひとし氏(江戸和竿)

吉澤均

国・都から伝統的工芸品としての認定を受ける江戸和竿の制作を手掛ける。
横浜市から認定を受ける吉田喜三郎氏のもとで15年間にわたり和竿の制作技術を磨き、
現在はイベントや講演会を通して、和竿の魅力を広く伝える。
東京都職業能力開発協会「職人塾」の講師を務める。

問合せ

文化振興課
TEL:03-5744-1226
FAX:03-5744-1539

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)