このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 住まい・まちなみ・環境 の中の 環境・地球温暖化対策・公害 の中の 緑の保護緑化 の中の 生垣造成の助成 のページです。

本文ここから

生垣造成の助成

更新日:2017年4月3日

 生垣は、空気の浄化や騒音の減少により、住環境を向上させます。また、生垣のみどりは季節感のある美しい街並をつくり出し、人々に潤いや安らぎを与えます。災害時においては、ブロック塀などに比べて倒壊の恐れが少なく、安全です。

生垣助成制度のご案内

 区では、安全で快適な街づくりの一環として、接道部または隣地境界に生垣をつくる方に助成をしています。
生垣着工前に現場確認をしますので、生垣の助成をご希望の場合は必ず着工前に事前相談をお願いします。
 また、助成の条件として助成の翌年度から5年間写真などで生垣の状況を報告していただきます。
 提出をお願いする文書は、対象の方に毎年9月から10月頃に送付します。

助成対象となる生垣

  1. 道路または隣地境界に面していること。(私道を含みます。)
  2. 次の規格を満たしていること。(樹種は問いません。)
  • 樹木の高さが90センチメートル以上であること。
  • 樹木がお互いにふれあう程度の間隔で植えてあること。
  • 生垣の長さが2メートル以上であること。 (助成限度は50メートルまで)
  • 縁石の高さが50センチメートル以下であること。(土留め部分は算入しません。)

画像:樹木と縁石、土留の補足

助成金額

 生垣をつくる土地を所有するまたは管理する方に、以下の基準で助成します。
 ただし、実際に支出した金額が上限となります。

  1. 既存のブロック塀などをこわして生垣をつくる場合 1メートルにつき15,000円
  2. 新たに生垣をつくる場合 1メートルにつき10,000円

注釈1:ご自身で樹木を購入してつくる生垣も助成の対象となります。
注釈2:1メートル未満は切り捨てます。

助成の対象とならない方は以下の通りです。

  • 国、地方公共団体、またはこれらに準ずる団体
  • 大田区開発指導要綱の適用を受ける事業を行う事業者
  • 業として造成する場合の宅地建物取引業者
  • 大田区木造住宅建て替え促進補助金の交付に関する要綱により生垣の助成を受ける者

手続きの流れ

1.事前相談

 生垣をつくる計画がありましたら、お電話か窓口でご相談ください。制度や提出書類の説明、現場確認の日程調整をします。

2.現場確認

 生垣造成予定地で、助成条件を満たしていることを確認します。現場では、生垣造成前の写真撮影や造成予定長さの計測をします。

3.申請

 工事をする前に、次の書類を提出してください。

  • 生垣造成助成金交付申請書
  • 工事費見積書(助成対象となる生垣造成に係る経費の内訳が記載されているもの。)

 対象となる費用:生垣用樹木、植えつけるための土壌、垣根を組むための木材・添え木(フェンスは対象外)、縁石、塀の撤去費用、手間賃
 

  • 計画図面
  • 同意書(隣地境界に生垣をつくる方のみ、隣地土地所有者の同意書が必要です。)

4.決定通知

 現場確認後、申請書類に不足がないことを確認したうえで、交付予定額を通知します。

5.工事

 決定通知が届いてから、生垣造成工事をしてください。

6.助成金請求

 工事が終わりましたら、次の書類を提出してください。

  • 完了届
  • 生垣造成助成金交付請求書
  • 工事費の請求書または領収書(コピー可)

注意 請求書の場合は、工事費支払い後2週間以内に領収書(コピー可)の提出が必要です。

  • 支払金口座振替依頼書
  • 生垣の写真(工事前・工事中・工事後でそれぞれ生垣全体が確認できるもの)

7.交付

 請求書類に不足がないことを確認したうえで、助成金を銀行口座に振り込みます。

お問い合わせ

環境対策課 環境推進担当

電話:03-5744-1365
FAX:03-5744-1532
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)