このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 施設案内・予約 の中の 歴史・史跡 の中の 大森地区 の中の 東海道一本燈籠台石 のページです。

本文ここから

東海道一本燈籠台石

更新日:2018年9月11日

写真:東海道一本燈籠台石

所在地

大田区大森西五丁目2番13号(大森三輪公園内)

交通アクセス

京急線大森町駅下車徒歩約5分

お問い合わせ先

郷土博物館
電話:03-3777-1070
文化財や史跡の概要についてのお問い合わせのみお受けすることができます。その他についてはお受けできませんので、あらかじめご了承ください。

概要

江戸後期、東海道筋に通行人の目印として、大森村を中心に近郷、江戸、川崎などの富士講の人々によって建てられた常夜灯です。戦災で火袋ひぶくろ竿石さおいしを失っていたものを復元しました。台石の正面には、富士山が庚申こうしんの年に出現したという伝説を表した彫刻が施されています。区指定文化財。

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)