このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 のページです。

本文ここから

区長室

  • 松原忠義区長プロフィール
  • 区長の動き
  • 区長挨拶・メッセージ

写真:松原忠義大田区長
大田区議会第2回定例会(6月26日)

中央防波堤埋立地の境界に関する調停申請議案の議決について
 
 本日、大田区は、長年帰属を主張してきた中央防波堤埋立地について、調停申請に関する議案を大田区議会に付し、全会一致で決定いただきました。
 まさに歴史的な一歩を踏み出したと言えます。
 この問題は四十数年という長きに亘り、区として取り組んできたものの、解決が図られなかった区政の重要課題の一つであります。
 私はこの問題の早期解決を固く決意し、昨年3月、自ら江東区へ赴き、江東区長と直接対話するなど、解決に向けた歩みを強く進めてまいりました。
 この度、民意の代表である議会のご決定を全会一致でいただけたことは、大変心強く、また、重い責任を感じております。
 中央防波堤埋立地となっている海面は、かつて、多くの大田区民が海苔養殖業を営み、まさに大田区民の生活と生産の場でした。最高裁の判例では、こうした係争地域の歴史的沿革が境界を定める基準として重要視されております。
 海苔養殖は、海で海苔を採ることだけでなく、卸問屋、小売店、「べか舟」「親舟」という名の海苔採り用の舟の維持管理など、様々な関連業種が連なった、まさに、当時の一大産業でありました。
 それらは、東京港の開発のため、半ば強制的に失われ、多くの大田区民の生活の糧が犠牲となり、その犠牲の上に、現在の、東京ひいては日本全体の発展があります。
 私は、72万区民を代表する首長として、このような歴史的な事実や、そこに関わっていた人々の思いや痛みをしっかりと区民、都民に伝えていく大きな責任を背負っていく覚悟です。
 ぜひとも区民の皆様のご理解とご支援を賜り、大田区一丸となって、共に解決に向けて取り組んでまいりたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

平成29年6月26日

画像:区長サイン

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)