このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 施設案内 の中の 博物館・美術館 の中の 大田区立勝海舟記念館 の中の 勝海舟と大田区 のページです。

本文ここから

勝海舟と大田区

勝海舟のプロフィール

画像:勝海舟

勝海舟(通称:麟太郎、安房守、安芳)
出身地:江戸(東京都) 
生誕:文政6年1月30日(1823年3月12日)
死没:明治32(1899)年1月19日
享年:77歳(病死)
時代:江戸時代後期−明治時代後期

スクリュー式蒸気軍艦「咸臨丸」で渡米し、海軍の育成に努めるなど、非常に革新的な考えを持った幕臣と言われています。1868年に新政府軍が江戸に進軍した際には、薩摩藩邸における西郷隆盛との会見や、池上本門寺での交渉を経て、「江戸無血開城」を実現させたことでも有名です。

勝海舟とのゆかり

画像:洗足池浮世絵

 勝海舟は、江戸城の明け渡しについて話し合うため、中原街道を経由して、新政府軍の本陣がおかれた池上本門寺へ向かう途中、洗足池付近で休息をとったといわれています。そのときに、洗足池周辺の風景を気に入り、明治24年(1891)年、「洗足軒」といわれる別荘を現在の大森第六中学校の地に構えました。
海舟は明治32(1899)年1月19日に亡くなり、遺志により洗足軒の近くに葬られました。明治38(1905)年、海舟の妻民子が亡くなり、一度は青山墓地に葬られましたが、昭和20年代にこの地へ改葬されました。
現在、洗足池のほとりには、二つの五輪塔が並んだ「勝海舟夫妻墓所」があり、地域の方にも親しまれています。

お問い合わせ

文化振興課
勝海舟記念館開設準備担当
電話:03-5744-1653
FAX :03-5744-1539
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)