このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の よくある質問 の中の 分野からさがす の中の 住まい・まちなみ・環境 の中の 空家の公益的な活用について のページです。

本文ここから

空家の公益的な活用について

更新日:2019年2月18日

Q1質問
空家を地域貢献活動の団体等に使ってほしい場合、どこに相談したらよいですか?

Aお答えします

空家総合相談窓口へご相談ください。
空家の活用方法は、地域交流、福祉、子育て支援、教育関連、防災、国際交流・観光、まちづくり等さまざまです。
どのような活用方法を考えているか所有者等の意向をよく確認したうえで、ご対応します。活用が可能である物件の場合は、登録ができます。登録後、条件の合う利用希望者がいた場合、情報提供のご連絡をします。

空家総合相談窓口(建築調整課内) 電話:03-5744-1348 FAX:03-5744-1558

Q2質問
この制度とは別に一般の不動産取引に出している物件も登録できますか?

Aお答えします

はい、他で取引を依頼していても登録はできます。
ただし、他の依頼先で取引が決まった場合は速やかな相談窓口へのご連絡をお願いしています。

空家総合相談窓口(建築調整課内) 電話:03-5744-1348 FAX:03-5744-1558

Q3質問
どのくらいの賃料で貸せるものでしょうか?

Aお答えします

建物の周辺環境、現状、床面積、使用状況、修繕履歴等により異なります。
所有者等(貸主)の判断で希望家賃は設定されますが、最終的な賃料の決定は、所有者等と利用者の協議となる場合が多いようです。

空家総合相談窓口(建築調整課内) 電話:03-5744-1348 FAX:03-5744-1558

Q4質問
固定資産税は、利用者(借主)が納付してくれるのでしょうか?

Aお答えします

固定資産税は、毎年1月1日現在の土地・家屋所有者に対して都税事務所が課税するため、納税義務者は所有者(貸主)となります。

空家総合相談窓口(建築調整課内) 電話:03-5744-1348 FAX:03-5744-1558

Q5質問
空家を転用して活用する場合の留意点はありますか?

Aお答えします

住宅をそれ以外の用途に転用すると、土地の固定資産税及び都市計画税が高くなる場合があります。
詳しくは、東京都大田都税事務所(03-3733-2411)にご相談ください。また、必要な手続きや工事を行わなければならない場合もありますので、ご注意ください。

空家総合相談窓口(建築調整課内) 電話:03-5744-1348 FAX:03-5744-1558

Q6質問
活動場所として空家等を探しているのですが、紹介してもらえますか?

Aお答えします

空家総合相談窓口へご相談ください。
地域に貢献すると判断される事業、活用方法である場合は、登録ができます。
登録後、条件の合う物件があった場合、情報提供いたします。

空家総合相談窓口(建築調整課内) 電話:03-5744-1348 FAX:03-5744-1558

Q7質問
空家を公益目的で活用するとは、どのような事業が対象になりますか?

Aお答えします

収益を第一に考えるのではなく、地域に貢献する側面のある以下のような活動が対象となります。

【地域交流】
地域力の推進、地域交流の活性化、コミュニティの再生につながる活動
【福祉】
高齢者に対する介護や介護予防、認知症対策等を行う活動
障がい福祉に係る事業
【子育て支援】
保育所運営等、待機児解消に向けた事業
子育て支援に係る活動
【教育関連】
生涯学習、文化教育に係る活動
教育格差の是正につながる活動
【防災】
防災・危機管理に係わる事業
【国際交流・観光】
国際都市おおたの推進につながる活動
国際交流・多文化共生の推進に係る活動
観光の推進に係る活動
【まちづくり】
環境配慮、景観等、まちの魅力向上、まちづくりの推進等につながる活動
防犯等、地域課題の解決につながる活動

空家総合相談窓口(建築調整課内) 電話:03-5744-1348 FAX:03-5744-1558

Q8質問
具体的な活用例は、どのようなものになりますか?

Aお答えします

以下のような例が挙げられますが、あくまでも例になりますので詳しくは窓口へご相談ください。

・地域の居場所 多世代交流の場
・地域住民自身の手による地域を元気にする活動
・自治会、町会活動を補完する活動
・共通のテーマで集まる人達のコミュニティスペース
・ひとり暮らしの高齢者や生活困窮者の児童を支える「まちの食堂」
・見守り事業等と連携したデイサービス
・放課後の子ども達の学習支援
・障がい者の方向けのグループホーム
・区民の学習機会の提供 生涯学習カルチャースクール
・地域課題解決に向けた話合いや活動の場 情報発信拠点 事務局スペース 
・花づくりや清掃などの地域緑化・美化活動
・地域の文化・歴史の継承・観光資源の発見やまちの魅力発信の拠点

空家総合相談窓口(建築調整課内) 電話:03-5744-1348 FAX:03-5744-1558

Q9質問
建物の改修費用は、所有者(貸主)、利用者(借主)のどちらが負担するのでしょうか?

Aお答えします

どちらが改修費を負担するかは、所有者(貸主)、利用者(借主)双方の話合いで決めます。

空家総合相談窓口(建築調整課内) 電話:03-5744-1348 FAX:03-5744-1558

Q10質問
建物の改修費用を補助する制度はありますか?

Aお答えします

空家を活用することが決定した場合、一定の要件を満たす改修工事に係る費用の一部を利用者(借主)に補助する制度があります。詳しくは窓口へご相談ください。

空家総合相談窓口(建築調整課内) 電話:03-5744-1348 FAX:03-5744-1558

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)