このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の おおた区報 の中の おおた区報WEB版 の中の 平成28年9月1日号 のページです。

本文ここから

おおた区報WEB版 平成28年9月1日号 [特集]

更新日:2016年9月1日

特集

どうすればいいの?地震!そのときに

 大地震が発生したとき最も大切なのは、身を守ることです。いざという時にどのように行動すべきか、自宅・学校・職場周辺の環境や、一人ひとりの行動パターンに合わせて考えておきましょう。

どうすればいいの?地震!そのときに

《自宅にすめなくなった!》
避難所

 自宅の倒壊や破損などで住む家を失った場合、一時的に避難生活を送る場所です。主に区立小中学校が指定されています。自宅が無事な方は、避難所で生活する必要はありません。

◎「命を守る3点セット」「わがまち防災ネット」で確認

《大規模な火災が発生した!》
避難場所

 大火災から身の安全を確保し、火の衰えを待つ場所です。大規模な公園などが指定されています。

◎「命を守る3点セット」「わがまち防災ネット」で確認

《大規模な火災が発生した!》
地区内残留地区

 不燃化が進み、火災が発生しても大規模な延焼火災のおそれがないため、広域的な避難を必要としないエリアです。蒲田駅周辺や昭和島などが指定されています。

◎「命を守る3点セット」「わがまち防災ネット」で確認

《出先で被災した!》
帰宅困難者一時滞在施設

 鉄道などの交通機関が停止した場合、無理な帰宅による二次災害を防止するため、周辺の状況が落ち着くまでの間、一時的にとどまる場所です。

◎「わがまち防災ネット」で確認

《自宅などに帰りたい!》
災害時帰宅支援ステーション

災害時帰宅支援ステーションステッカー 火災の延焼などが落ち着き、徒歩での帰宅ができる場合、水やトイレなどを提供する場所です。コンビニエンスストアやガソリンスタンドなど、右のステッカーが目印です。

《けがをしてしまった!》
緊急医療救護所

 救急病院などに設置され、応急処置を行います。けが人の搬送をお願いします。

●ボランティア募集中!⇒詳細はこちら

◎「命を守る3点セット」「わがまち防災ネット」で確認

《断水した!》
給水拠点

 給水所近くの公園など、断水時でも水の供給が可能な場所や、給水活動を行う場所です。

◎「わがまち防災ネット」で確認

お住まいの地域の詳しい情報は

命を守る3点セット

 昨年7月に全戸配布しました。区のホームページから取り出せます。

◎「命を守る3点セット」で検索

(左)震災編大田区防災地図/(中央)風水害編大田区防災地図/(右)わが家の防災チェックBOOK

わがまち防災ネット

わがまち防災ネット 今回紹介した施設のほか消火栓の位置などを地図で確認できます。

◎「わがまち防災ネット」で検索

わがまち防災ネットQRコード

問合先

防災危機管理課普及担当 TEL03−5744−1611 FAX03−5744−1519
緊急医療救護所について=健康医療政策課地域医療政策担当 TEL03−5744−1264 FAX03−5744−1523

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ(広聴広報課)

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)