このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 教育委員会 の中の 資料室 の中の 大田区幼児教育振興プログラム のページです。

本文ここから

大田区幼児教育振興プログラム

更新日:2016年7月28日

大田区幼児教育振興プログラムは平成18年3月に学識経験者をはじめ、乳幼児教育機関や公募による区民の参加のもと策定されました。

【目的】
 大田区に生まれてくる子ども、大田区に住んでいるすべての子どもに対して、性別や国籍、環境の違いや有無にかかわらず、その最善の利益と良質な幼児教育を保障する。

【基本理念】
 まちに学び、まちがはぐくむ大田の子ども

【7つの基本方針と具体的な取り組み】
1 幼稚園、保育所の教育内容の充実
 ・教育課程、保育計画の充実
 ・保育内容や形態の工夫
 ・自然体験、社会体験の促進
 ・協同性を育てる活動、伝え合う力を育む活動の推進
 ・絵本に親しむ活動の推進
 ・共同研究の推進

2 幼稚園教員、保育士の資質向上
 ・体系的な園内研修の充実
 ・幼児教育センターを中心とした専門的な研修や交流事業の推進
 ・子育てを支援するための研修

3 地域に根ざした幼稚園、保育所づくりの推進
 ・地域と共に行う教育活動の推進
 ・地域人材の協力体制づくりの推進

4 特別支援教育の推進
 ・特別支援教育の充実
 ・幼児と保護者への支援体制の充実

5 幼稚園、保育所と小学校、中学校との連携の推進
 ・幼児教育と小学校教育との相互理解と具体的な取り組み
 ・幼稚園教員、保育士と小中学校教員との交流促進
 ・地域の幼稚園と保育所の交流促進
 ・幼児、児童の交流活動の促進
 ・幼児、生徒の交流活動の促進

6 家庭や地域に対する子育て支援の充実
 ・保護者や地域の親への子育て支援の充実
 ・保護者の交流の場づくり
 ・幼児教育センターにおける保護者や地域の親子への学習機会の提供と充実

7 幼児教育にかかわる課題解決のための幼児教育センターの役割
 ・幼児教育に関する調査、研究、情報発信
 ・幼児教育の課題解決における関係機関との協力、実践的な取り組み
 ・子ども家庭支援センターや児童館と連携し、地域や家庭に対する子育て支援施策の充実
 ・各行政機関と連携し、子育て支援ネットワークづくり
 ・ボランティアのコーディネータ的役割とボランティアの充実

大田区幼児教育振興プログラム策定委員名簿
氏名 役職
柴崎 正行 大妻女子大学教授
塩 美佐枝 聖徳大学教授
笠原 圭子 公募委員
遠藤 貴美子 公募委員
青木 紀子 公募委員
池藤 紀芳 大田区教育委員会事務局次長
本間 敏幸 大田区こども育成部長
名取 博子 大田区立小学校長会代表
長南 康子 大田区立幼稚園長会代表
寺田 ユキ 大田区立保育園長会代表
入谷 幸二 大田区私立幼稚園連合会理事
藤田 伍郎 大田区私立保育園連合会副会長

【敬称略】

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

大田区立幼児教育センター

電話:03-5744-1618
FAX :03-5744-1535
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)