このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 福祉 の中の 高齢者の支援 の中の 給付・貸与 の中の 特定福祉用具購入費、特定介護予防福祉用具購入費支給 のページです。

本文ここから

特定福祉用具購入費、特定介護予防福祉用具購入費支給

更新日:2017年4月1日

 次の福祉用具を、都道府県が指定した福祉用具販売事業者から購入した場合、申請により特定福祉用具購入費が介護保険から支給されます。
 支給額は、毎年4月から翌年3月までの1年間で、要介護度にかかわらず10万円までの費用を上限額として、その内の9割または8割分が保険から支給されます。
(注意)特定の福祉用具を都道府県が指定した福祉用具販売事業者から購入した場合であっても、直接「福祉用具専門相談員」から、福祉用具に関する専門的な知識に基づく助言などを受けられない通信販売での購入は支給対象外です。

(1) 腰掛便座
 和式便器の上に置いて腰掛式に変換するもの、便座から立ち上がる際に補助する機能のあるもの、ポータブルトイレなど

(2) 自動排泄処理装置の交換可能部品
 自動排泄処理装置の交換可能部品(レシーバー、チューブ、タンク等)のうち尿や便の経路となるものであって、居宅要介護者等又はその介護を行う者が容易に交換できるもの。専用パッド、洗浄液等排泄の都度消費するもの及び専用パンツ、専用シーツ等の関連製品は除かれる。

(3) 入浴補助用具
 入浴用いす、浴槽用手すり、浴槽内いす、入浴台、浴室内すのこ、浴槽内すのこ、入浴用介助ベルト

(4) 簡易浴槽
 空気式又は折りたたみ式などで容易に移動できるものであって、取水又は排水のために工事を伴わないもの

(5) 移動用リフトのつり具の部分

福祉用具購入費の支給方法

福祉用具購入費の支給方法には次の2種類があります。

(1) 償還払いの方法
 被保険者が費用を全額支払います。その後、領収証その他の必要書類を添えて申請することで、介護保険給付分を大田区からご本人口座に振り込みます。
 このような支給方法を「償還払い」といいます。

(2) 大田区へ代理受領登録をした事業者を利用する方法
 被保険者の一時的な金銭負担を軽減するために大田区へ代理受領登録をした事業者を利用した場合、被保険者は自己負担分である1割または2割分を登録業者へ支払います。その後、介護保険給付の請求書及び受領を委任した委任状、その他の必要書類を添えて申請することで、介護保険給付分は大田区から直接登録業者に支払います。
 このような支給方法を「代理受領」といいます。

事業者リスト

(1)「償還払い」による支給方法をご希望の場合
 福祉用具販売事業所として指定された事業者のリストを下記リンクよりご覧いただけます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。介護サービス・介護予防サービス提供事業所一覧

 (注意)「代理受領」支給方法をとる下記の登録事業者も「償還払い」による支給方法でご利用いただくことができます。

(2)代理受領」による支給方法をご希望の場合
大田区へ代理受領登録をした事業者のリストをダウンロードできます。


申請が必要です
 必要書類をそろえて、区役所の介護保険課に申請してください。
 なお、各地域庁舎の地域福祉課を経由して申請することも可能です。

必要書類

(1)申請書
(2)償還払いの場合は領収証、代理受領の場合は自己負担分の領収証の写し、委任状及び請求書
(3)購入時に販売事業者が作成する特定福祉用具販売計画書の写し
(4)購入した福祉用具の製品パンフレット(コピーでも結構です)、特注品の場合は見積書及び写真

  • 必要書類その他詳細は介護保険課給付担当にお問合せください。
  • 福祉用具購入費の申請書はダウンロードできます。個人番号の記載が必要な申請ですので、「申請用紙ダウンロード」のページ内、「個人番号の記載が必要な申請について」をご覧ください。(申請用紙ダウンロードのページへ


PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

介護保険課

給付担当
電話:03-5744-1622
FAX :03-5744-1551
メールによる問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)