このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の おおた区報 の中の おおた区報WEB版 の中の 平成30年8月21日号 のページです。

本文ここから

おおた区報WEB版 平成30年8月21日号 [特集]

更新日:2018年8月21日

特集

《いい旅しよう》豊かな自然とまちの魅力を探しに 休養村とうぶ 東御(とうみ)市を巡る旅

《いい旅しよう》豊かな自然とまちの魅力を探しに 休養村とうぶ 東御(とうみ)市を巡る旅

大田区休養村とうぶ/テレビや新聞でも、お得に泊まれる保養所として紹介されています! 北アルプスや八ヶ岳の山並みに囲まれ、自然豊かな信州・長野県東御市。その雄大な自然の中に区の保養施設「休養村とうぶ」があります。建築家・伊東豊雄氏が設計した印象的なアーチ型の建物の中には、宿泊施設のほかに体育館、調理室、多目的室などが完備され、小学校の移動教室にも利用されています。古民家を移築した別棟では風情ある空間を体験できます。自然を満喫できる非日常のひととき、心身共にリフレッシュしてみませんか。

問合先=地域力推進課区民施設担当 TEL03−5744−1229 FAX03−5744−1518

【A】千曲川(ちくまがわ)ワインバレーから生み出される上質のワイン

8ヘクタールある広いブドウ畑にシャルドネ、ソーヴィニョンブランなど8種類ほどの品種が栽培されている 日照時間が長く寒暖差が大きいなどワインブドウの栽培に適した東御市。美しい垣根式のブドウ畑が広がり、世界に通用するワインをつくっています。

●ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー
長野県東御市和6027

 作家・玉村豊男氏がオーナー。季節の花で彩られたガーデン、ワインの試飲や食事ができるカフェ、ギャラリーなどいろいろ楽しめます。無料でワイナリーツアーも開催。

 目の前に広がる広大な風景。気持ちいい〜ブドウ畑を案内してくれた佐藤さん(左)と「ヤギ子」さん/セラーには、約3万本のワインが保存されている

【B】道の駅 雷電くるみの里

長野県東御市滋野乙4524−1
 地元の新鮮な野菜、果物などがいろいろ並んでいます。特産品はなんといっても巨峰とくるみ。名前の由来は地元のヒーロー雷電為右衛門力士からきており、店の前には巨大な銅像があります。名物は中にくるみが入った「雷電焼」です。

「生涯10敗」という驚異的な成績を残した雷電為右衛門/外はサクサク中はしっとり。食感が抜群!名物「雷電焼」は黒豆あんとクリームの2種類

【C】お洒落(しゃれ)な空間で自然と食を堪能

 地元の食材がふんだんに盛り込まれた料理と信州の大自然を感じながらの食事は旅行気分を盛り立てます。

●アトリエ・ド・フロマージュ
長野県東御市新張504−6

 日本で初めて生チーズの製造を始めた工房。カフェでは、景色を眺めながら食事ができます。

なんといってもよくのびるチーズと絶品のピザ。自然を見ながら食べるからひときわおいしい!

【D】海野宿(うんのじゅく)

見どころいっぱい 東御市の観光スポット長野県東御市本海野1052周辺
 道の中央を流れる用水、その両側に立ち並ぶ格子戸のはまった美しい家並み。北国街道の宿駅として開設された海野宿は江戸時代の旅籠屋(はたごや)造りと明治以降の蚕室(さんしつ)造りの建物がよく調和しています。そぞろ歩くとタイムスリップした気分にさせてくれます。

海野宿(うんのじゅく)

白鳥神社 海野氏、真田氏の氏神として祀(まつ)られた、歴史ある神社/伝統的な家並み 江戸時代に造られた美しい模様の出格子(でごうし)。長短二本ずつと交互に組み込まれた海野宿特有のもので、「海野格子(うんのごうし)」と呼ばれる/格子戸の中では今でも普通に生活しています!

区民はお得に泊まれてうれしい!
休養村とうぶ

長野県東御市和6733−1 予約申込先TEL0268−63−0261

【区民の場合】
◆利用申込

◎はがきによる抽選受付:利用する月の3か月前の1〜10日に受け付けます。
◎電話による受付:利用する月の3か月前の20日から、利用日の2日前まで。
◎客室は1室ごとの料金設定なので、人数が多いと1名あたりの料金が割安になります。
 例)大人6人(和室1泊2食付き)の場合:1人あたり約5,850円
 ※内訳:客室16,000円+食事18,000円+入湯税900円 合計34,900円(6人分)
 洋室・和洋室有り

◆アクセス

アクセス

《団体利用にも最適!》
◎別棟の古民家は最大30名の貸切が可能。親戚、仲間、家族同士で楽しめます。
◎セミナー室やテニスコートなども利用可能。ご家族はもちろんゼミ合宿やスポーツ合宿などにもご利用いただけます!

大田区休養村とうぶに泊まるバスツアー

晩秋の上高地散策と信州りんご狩りツアー 《小さなお土産付き》

河童橋と焼岳(上高地対象=代表者が区内在住か在勤の方 
日時=10月27日(土)・28日(日)(1泊2日)
費用=大人22,600円、小学生以下21,000円から
定員=抽選で42名
※部屋は相部屋か1室利用。申込期限、申込方法など詳細は問合先HPをご確認ください。
問合先
休養村とうぶ(長野県東御市和6733−1) TEL0268−63−0261 http://recreationvillage-tobu.com/
地域力推進課区民施設担当 TEL03−5744−1229 FAX03−5744−1518

《大募集》羽田空港跡地第2ゾーン 多摩川親水緑地(仮称)の名称

《大募集》羽田空港跡地第2ゾーン 多摩川親水緑地(仮称)の名称

 羽田空港跡地に整備を進めている緑地の「名称」を募集します。散策路や展望テラスから、羽田空港や多摩川を間近に感じることができる緑地です。区民の方や空港を利用される方が、訪れたくなるような名称を大募集します。詳細は区HPをご覧いただくかお問い合わせください。

募集期間=9月3日〜 10月3日
申込方法=区HPか問合先へFAXか郵送(@緑地の名称案とふりがなA意味と理由B氏名C〒住所D年齢E電話番号)で。
問合先=空港まちづくり課空港まちづくり担当 TEL03−5744−1650 FAX03−5744−1528

美術を楽しもう!

[1] アプリコ・アートギャラリー「川辺の情景」

 「川辺」を描いた作品7点を展示
日時=8月23日(木)〜 11月25日(日)、午前9時〜午後10時 
会場=アプリコ
問合先=(公財)大田区文化振興協会 TEL03−5744−1600 FAX03−5744−1599

[2] 龍子記念館 名作展「異国の情景 アジアへの熱情」

 1930〜40年代の激動の時代を背景に、南洋諸島やアジア大陸への情熱を表現した「椰子(やし)の篝火(かがりび)」や「香炉峰(こうろほう)」などを展示します。
日時=9月8日(土)〜 12月9日(日)、午前9時〜午後4時30分
※月曜休館(祝日のときはその翌日)
◎ギャラリートーク 9月30日、10月28日、11月25日の日曜、午後1時から
費用=大人 200円、子ども 100円
※65歳以上(要証明)と5歳以下は無料
会場・問合先=龍子記念館 TEL・FAX03−3772−0680

[3] 熊谷恒子記念館 かなの美展「近代短歌とかな」

日時=9月8日(土)〜 12月9日(日)、午前9時〜午後4時30分
※ギャラリートークと庭園案内は9月15日・10月27日・11月24日の土曜、午後1時から
※月曜休館(祝日のときはその翌日)
費用=大人100円、小人50円 ※65歳以上と5歳以下は無料
会場・問合先=熊谷恒子記念館 TEL・FAX03−3773−0123

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ(広聴広報課)

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)