このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 福祉 の中の 高齢者の支援 の中の 社会参加・生涯学習 の中の シニアクラブの設立をお考えの方へ のページです。

本文ここから

シニアクラブの設立をお考えの方へ

更新日:2020年2月1日

シニアクラブとは

・シニアクラブ(いわゆる「老人クラブ」のことです。)は、同じ趣味や活動を行っている地域の方々で組織する“任意”の団体のことです。
 
・区では、一定の基準を満たしているシニアクラブの活動に対して、
老人福祉法第13条第2項において、「地方公共団体は、老人の福祉を増進することを目的とする事業の振興を図るとともに、老人クラブその他の老人の福祉を増進することを目的とする事業を行うものに対して、適当な援助をするように努めなければならない。」とされていることから、基準を満たしているシニアクラブに対して、助成金を交付しています。
 

シニアクラブの定義と組織化の基準

・シニアクラブの定義と組織化する基準(地域的エリア)とは、
「小地域内の高齢者が自主的に組織した団体です。近隣の高齢者が集まってお互いの趣味を活用したり、地域のために役立つことをしながら、日々の生活を豊かで明るいものにすること。」としています。
つまり、大田区シニアクラブ運営要綱第2条において、「クラブ活動が円滑に行われる程度の同一小地域に居住するものとし、その区域は、他のクラブと重複しないものとする。」と規定しています。
これは、近隣に居住している方々で、他のクラブと重複しないエリア(住所地)で組織していただくとご理解ください。

 

助成を受ける一定の基準について

では、一定の基準についてご説明いたします。
 
(1)組織として、会長1名、副会長若干名、会計1名以上、監事1名以上の役員を決めていただきます。

(2)活動は、週一回以上開催していただきことになります。
一般的には、社会奉仕活動(ボランティア活動)、健康増進の活動、生きがいを高める活動、その他の社会活動などで、それぞれのクラブで創意工夫して取り組みを行っていただくことになります。

(3)会の運営は、主に会員からの会費で運営していただきます。一定の基準を満たしたシニアクラブには区から助成金が交付されます。
 
・設立時には、設立届、代表者届、シニアクラブ区域図、会則、会員名簿・役員名簿等をご提出いただくことになります。
 
助成金を受けて運営するシニアクラブを設立するためには、以上の他にもご説明させていただく事項がございますので、設立をお考えの方は、担当の高齢福祉課までお問い合わせください。
 

日程調整の上で高齢福祉課へお越しいただき、ご説明させていただきます。
 

お問い合わせ

高齢福祉課

大田区役所
〒144-8621
東京都大田区五丁目13番14号
電話03-5744-1252 FAX03-5744-1522

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)