このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 保健・衛生 の中の 感染症 の中の 医療機関の方へ の中の 感染症法に基づく届出 のページです。

本文ここから

感染症法に基づく届出

更新日:2018年12月28日

感染症法に基づく届出について

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(以下、「感染症法」)第12条第1項及び第14条第2項に基づき、定められた感染症を診断した医師は、最寄りの保健所に届け出ることになっています。

平成31年1月1日から以下の感染症について届出方法が変更になりますので、ご注意ください。
(1)麻しん
都独自の届出様式が一部改正となっています
海外滞在歴、日本国内での滞在期間の記載項目が追加になりました
(2)梅毒
都独自の届出様式が一部改正となっています
以下の項目が追加になりました。
 感染経路内、性風俗産業の従事歴、利用歴
 過去の治療歴   妊娠の有無
(3)風しん
麻しんに合わせて届出様式が一部変更となりました
(4)一類〜四類感染症(結核を除く)及び侵襲性髄膜炎菌感染症
都独自の届出様式が制定されました。
最新の届出様式については、東京都感染症情報センターホームページをご覧ください。

届出基準

感染症ごとに届出基準が規定されています。詳しくは、東京都感染症情報センターホームページをご覧ください。

届出様式

届出基準を満たした場合、診断した医師は様式に基づいて届け出ます。一類〜四類感染症ではただちに、五類感染症(全数把握対象疾患)では7日以内に報告をお願いします。また、五類感染症(定点把握対象疾患)は指定された定点医療機関のみ、月ごともしくは週ごとに報告をお願いしています。
届出様式は、東京都感染症情報センターホームページをご覧ください。

届出方法

届出の必要な感染症が発生しましたら、次の順序で届出を行ってください。
(1)大田区保健所感染症対策課(FAX03-5744-1524)に、個人情報をマスキングしたうえで届出様式をファックスしてください。
(2)大田区保健所感染症対策課(電話03-5744-1263)に電話で感染症発生の連絡と個人情報等の報告を行ってください。

注意:夜間や休日に連絡が必要になった場合は、東京都保健医療情報センター「ひまわり」(電話03-5272-0303)にご連絡ください。

結核指定医療機関の手続き

結核医療費公費負担による治療や調剤を行うには、感染症法第38条第2項に基づく指定を受ける必要があります。指定申請手続きについては、下記のリンクからご確認ください。

結核指定医療機関の手続き

お問い合わせ

感染症対策課
電話:03-5744-1263
FAX :03-5744-1524
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)