このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の よくある質問 の中の 分野からさがす の中の 戸籍・住民票 の中の 戸籍・届出について の中の 氏や名の変更について のページです。

本文ここから

氏や名の変更について

更新日:2015年5月29日

Q1質問
苗字を変えたいのですが、どのような手続きになりますか

Aお答えします

苗字(氏)を変えるには、住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てをし、許可を得る必要があります。
氏を変更するには「やむを得ない事由」が法律上必要とされています。やむを得ない事由に該当するかどうかは、家庭裁判所が判断することになっています。
家庭裁判所での申し立て後、許可が得られた場合は、氏の変更許可書の謄本および確定証明書を添付して、区役所で「氏の変更届書」を提出することにより戸籍に記載されている氏が変わります。
申し立てにあたっての必要書類や詳しい内容は、裁判所のホームページ「氏の変更許可」で確認できます。ご不明な点は、住所地を管轄する家庭裁判所(大田区に住所のある方は東京家庭裁判所)へお問い合わせください。
(ご注意
本籍地以外で氏の変更届出をする場合は、戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)を添付してください。

戸籍住民課戸籍担当 電話:03-5744-1183 FAX:03-5744-1509
メールによるお問い合わせ

Q2質問
名前を変えたいのですが、どのような手続きになりますか

Aお答えします

お名前(名)を変えるには、住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てをし、許可を得る必要があります。
名を変更するには「正当な事由」が法律上必要とされています。正当な事由に該当するかどうかは、家庭裁判所が判断することになっています。
家庭裁判所での申し立て後、許可が得られた場合は、名の変更許可書の謄本を添付して、区役所で「名の変更届書」を提出することにより戸籍に記載されている名が変わります。
申し立てにあたっての必要書類や詳しい内容は、裁判所のホームページ「名の変更許可」で確認できます。ご不明な点は、住所地を管轄する家庭裁判所(大田区に住所のある方は東京家庭裁判所)へお問い合わせください。
(ご注意)
本籍地以外で名の変更届出をする場合は、戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)を添付してください。

戸籍住民課戸籍担当 電話:03-5744-1183 FAX:03-5744-1509
メールによるお問い合わせ

Q3質問
離婚の際の氏を称する届出(戸籍法77条の2)をした場合に、将来、婚姻前の氏に戻せますか

Aお答えします

前記質問1と同じように、家庭裁判所に氏変更の申し立てを行い、許可が得られた場合に氏変更届(戸籍法107条の1)を行うこととなります。
氏を変更しても、婚姻前の戸籍(親御さんの戸籍)に復籍することはできません。戸籍法77条の2の届出期限は、離婚成立日から3か月ありますので慎重にご判断ください。

戸籍住民課戸籍担当 電話:03-5744-1183 FAX:03-5744-1509
メールによるお問い合わせ

Q4質問
離婚の際の氏を称する届出(戸籍法77条の2)が受付されないことはありますか

Aお答えします

以下に該当する場合は、受理することはできません。

離婚の日から3か月を経過した場合

 届出期間を経過した後は、離婚の際に称していた氏を称する届出はできません。前記質問1と同じように、家庭裁判所に「氏の変更許可」の申し立てを行い、許可が得られた場合に氏変更届(戸籍法107条の1)を行うこととなります。

婚姻中の氏と婚姻前の氏の呼称が同一の場合

 婚姻前後で呼称上の氏が変わらないため、離婚の際に称していた氏を称する届出はできません。

日本人と婚姻後に帰化をした外国籍の配偶者が、離婚後も日本人配偶者の氏を称する場合

 外国籍の方が帰化をすると、日本人としての氏を創設します。しかし、帰化によって日本人配偶者の戸籍に入籍した場合には、帰化者自身は氏を創設していないとされています。そのため、離婚後に称する氏を自由に定めることができるので、離婚の際に称していた氏を称する届出はできません。

戸籍住民課戸籍担当 電話:03-5744-1183 FAX:03-5744-1509
メールによるお問い合わせ

Q5質問
外国人と結婚し氏を外国人配偶者の氏に変更しましたが、離婚したので元の氏に戻したいのですが

Aお答えします

「外国人との婚姻による氏の変更届(戸籍法107条の2の届)」によって外国人配偶者の氏に変更した場合は、離婚の日から3か月以内に「外国人との離婚による氏の変更届(戸籍法107条の3の届)」を提出することで、家庭裁判所の許可を得ることなく元の氏に戻すことができます。
ただし、離婚の日から3か月を経過してしまった場合には,家庭裁判所の許可を得た上で,戸籍届出窓口に「氏の変更届(戸籍法107条の1の届)」を提出すれば,元の氏に変更することができます。
申し立てにあたっての必要書類や詳しい内容は裁判所のホームページ「氏の変更許可」で確認できます。ご不明な点は、住所地を管轄する家庭裁判所(東京23区にお住まいの方は東京家庭裁判所)へお問い合わせください。

戸籍住民課戸籍担当 電話:03-5744-1183 FAX:03-5744-1509
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)