このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の よくある質問 の中の 分野からさがす の中の 戸籍・住民票 の中の 外国籍の方へ のページです。

本文ここから

外国籍の方へ

更新日:2016年11月29日

Q1質問
 外国人に関する法律が変わったと聞きました。どのように変わったのでしょうか。

Aお答えします

 平成24年(2012年)7月9日に、外国人登録法が廃止され、日本人と同じ住民基本台帳法に基づいて住民票が作成されるようになりました。
 空港で在留カードを交付された方は、住民票を作ることが出来るようになりました。
 なお、次の在留資格で日本に滞在される方は、住民票を作成することが出来ません。

 1 「3月」以下の在留期間が決定された方
 2 「短期滞在」の在留資格が決定された方
 3 「外交」または「公用」の在留資格が決定された方
 4 在留資格を有しない方
 5 仮放免者の方

お問い合わせ
戸籍住民課 電話:03-5744-1187 FAX:03-5744-1513

Q2質問
 海外から初めて日本に来ました。空港で在留カードを受け取りましたが、するべき手続きはありますか。

Aお答えします

 空港で在留カードをお受け取りになられた方は、住所が決まった日から14日以内に、お住まいの市区町村で住居地の届出を行う義務があります。
 住所が決まったら、在留カードとパスポートをご持参の上、お近くの特別出張所または本庁舎1階戸籍住民課へ転入届を提出してください。

お問い合わせ
戸籍住民課 電話:03‐5744-1187 FAX:03‐5744-1513

Q3質問
 地方の空港から入国しました。入国手続きの際、空港で在留カードを渡されていません。住民登録は行えますか。

Aお答えします

 成田空港、羽田空港、中部空港、関西空港、新千歳空港、広島空港、福岡空港以外の空港から入国された方のうち、3か月を超える在留資格が付与された方には、パスポートに「在留カード後日交付者」の印が押印されています。
 「在留カード後日交付者」の印が押印されている方は、在留カードを交付された方と同じように、住所が決まった日から14日以内に、お住まいの市区町村で住居地の届出を行う必要があります。
 住所が決まったら、パスポートをご持参の上、本庁舎1階戸籍住民課へ転入届を提出してください。特別出張所では受付していません。

お問い合わせ
戸籍住民課 電話:03-5744-1187 FAX:03-5744-1513

Q4質問
 住所は決まりましたが、仕事が忙しくて平日に来ることが出来ません。夜間や土日に届出は出来ますか。

Aお答えします

 住所に関する届出は、平日午前8時30分から午後5時までの受付となっています。
 夜間、土曜日または日曜日に届出は出来ません。
 住所に関する届出は、代理の方でも行うことが出来ます。
 代理の方に依頼する場合は、委任状を作成し、代理の方に在留カード、パスポート、委任状を渡してください。

お問い合わせ
戸籍住民課 電話:03-5744-1187 FAX:03-5744-1513

Q5質問
 観光ビザで日本に入国しましたが、このたび入国管理局で在留カードを貰いました。手続きする必要はありますか。

Aお答えします

 在留カードを新たに取得した場合、在留カードを貰った日から14日以内に、住居地の届出をしていただく必要があります。
 在留カードとパスポートをご持参の上、お近くの特別出張所または本庁舎1階戸籍住民課へ届出を行ってください。

お問い合わせ
戸籍住民課 電話:03-5744-1187 FAX:03-5744-1513

Q6質問
 私には妻と子がいますが、住民票の続柄には「縁故者」と書かれています。「妻」「子」に直すことは出来ますか。

Aお答えします

 続柄を「妻」「子」といった記載を希望される場合は、続柄を確認出来る証明書をお持ちください。
 本国で取得された証明書を提出される場合は、証明書の原本(コピー不可)とその訳文(全文)をお持ちください。
 証明書に書かれた氏名と住民票の氏名が一致しない場合は、氏名のつながりがわかるものもあわせてお持ちください。

お問い合わせ
戸籍住民課 電話:03-5744-1187 FAX:03-5744-1513

Q7質問
 本国で使用している漢字氏名があります。住民票に漢字氏名を載せてもらうことは出来ますか。

Aお答えします

 漢字圏の国籍・地域(中国、台湾、韓国、朝鮮)の方は、入国管理局に申出をすることにより、在留カードに漢字氏名が記載されます。漢字氏名の記載された在留カードが交付されると、自動的に住民票の氏名も漢字氏名が記載されます。
 この時記載される漢字は、日本の正字に置き換えられるため、本国での漢字を使用することが出来ない場合があります。
 簡体字等の検索及び対応する正字については、こちら入国管理局正字検索システム(http://lapse-immi.moj.go.jp:50122/)にて確認することが出来ます。

お問い合わせ
戸籍住民課 電話:03-5744-1187 FAX:03-5744-1513

Q8質問
 日本人と結婚することとなり、日本式の名前を使いたいと考えています。日本式の名前を住民票に記載することは出来ますか。

Aお答えします

 外国籍の方は、住民票に日本式の名前(通称)の記載を行うことが出来ます。
 通称の記載にあたっては、厳格な審査の上記載することとなります。
 記載を希望される場合は下記担当までお問い合わせください。
 なお、通称は氏名に準ずるものとなるため、原則、一度決めた通称を変更することは出来ません。

お問い合わせ
戸籍住民課 電話:03-5744-1187 FAX:03-5744-1513

Q9質問
 入国管理局で在留期限の延長手続きを行い、新しい在留カードを貰いました。区役所で行う手続きはありますか。

Aお答えします

 平成24年(2012年)7月9日の外国人登録法廃止以降、在留資格の変更や在留期間の延長後の市区町村への申請は不要となりました。
 変更された情報は、法務省からの通知により、住民票へ自動的に反映されます。

お問い合わせ
戸籍住民課 電話:03-5744-1187 FAX:03-5744-1513

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)