このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の おおた区報 の中の おおた区報WEB版 の中の 平成28年5月1日号 のページです。

本文ここから

おおた区報WEB版 平成28年5月1日号 [暮らしの情報箱、健康ほっとラインなど]

更新日:2016年5月1日

目次

暮らしの情報箱

健康ほっとライン

お知らせ

インフォメーション

暮らしの情報箱

はがきなどで申し込む場合の記載例

[1]催しなどの名称  [2]〒住所  [3]氏名(ふりがな)  [4]年齢(学年)  [5]電話番号  [6]その他必要事項

(注意)費用が記載されていない催しなどは原則無料です。

間違い電話が多くなっています。今一度、番号をお確かめの上お問い合わせください。

福祉

大田区奨学生(在学生対象)

 専攻科・別科、通信制も対象になりました。詳細はお問い合わせください。
対象:4月1日現在、区内に1年以上引き続き居住している保護者などから扶養され、学校教育法で定める高等学校・高等専門学校・短期大学・大学・専修学校(専攻科・別科、通信制含む)に在学中の方
選考基準:[1]平成27年の世帯の総所得額がおおむね基準以下 [2]大学・短期大学・専修学校専門課程に在学している方は、成績がおおむね基準以上
(注意)申込者多数の場合は選考基準を満たしていても採用されない場合があります。
募集予定人数
[1]高等学校・高等専門学校・専修学校高等課程:20名
[2]大学・短期大学・専修学校専門課程:85名
奨学金貸付月額
[1]高等学校・高等専門学校・専修学校高等課程:【国公立】14,000円以内、【私立】26,000円以内
[2]大学・短期大学・専修学校専門課程:【国公立】35,000円以内、【私立】44,000円以内
貸付期間:4月から正規の修業年限まで(無利子)
申込方法:5月9から30日に願書(申込先で配布)を福祉管理課援護係へ持参 (注意)必要書類をそろえるのに時間がかかる場合があります。早めの手続きをお願いします。
電話:03-5744-1245 FAX:03-5744-1520

高齢者住宅改修費助成の自己負担と助成対象が変わります

 9月1日から次の通り変更となります。
自己負担:介護保険の負担割合に準じて1割か2割になります。改修種別ごとに助成対象限度額があります。
介護認定非該当(自立)と認定された方への助成:8月31日までの申請分が対象です。助成を受けるには申請前の事前相談が必要です。できるだけ5月末までにご相談ください。
問合先:地域福祉課高齢者地域支援担当
大森 電話:03-5764-0658 FAX:03-5764-0659
調布 電話:03-3726-6031 FAX:03-3726-5070
蒲田 電話:03-5713-1508 FAX:03-5713-1509
糀谷・羽田 電話:03-3741-6525 FAX:03-3742-3116

年金・税

年金額のお知らせ

 4月(6月支給分)からの年金額は、昨年度から変更ありません。ただし、平成27年10月の被用者年金一元化法施行で端数処理が変更になったため、月額で数円の増減が生じます。6月上旬に郵送する年金額のお知らせでご確認ください。
問合先:日本年金機構大田年金事務所 電話:03-3733-4141

軽自動車税の納税通知書郵送と減免

軽自動車税の納税通知書郵送と減免[1]軽自動車税の納税通知書の郵送
 軽自動車税は、毎年4月1日現在登録(所有)している車両に課税されます。納税通知書を5月11日に郵送します。
納付場所:納税課、特別出張所、金融機関、ゆうちょ銀行、コンビニエンスストア
納期限:5月31日
[2]軽自動車税の納付方法
 納付書による納付、モバイルレジ、クレジット納付が可能です。詳細は区のホームページをご覧ください。
[3]軽自動車税の減免
 次のいずれかに該当する場合、減免されることがあります。詳細はお問い合わせください。
[1]歩行が困難で障害者手帳などをお持ちの方のために、本人か生計をともにする方が所有する軽自動車。 (注意)減免は普通自動車を含め1台に限ります。
[2]障がいのある方が専ら利用する構造となっている車椅子移動車など
申込方法:軽自動車税減免申請書(問合先で配布)、車検証の写し、障害者手帳、運転免許証、印鑑、マイナンバーの確認書類を問合先へ持参
(注意)前年度に減免を受けていて内容に変更のない方は、申請の必要はありません。
申請期限:5月31日
問合先
[1][3]課税課管理係 電話:03-5744-1192 FAX:03-5744-1515
[2]納税課収納推進担当 電話:03-5744-1205 FAX:03-5744-1517

都税事務所から

[1]5月は自動車税の納期です
 自動車税は、毎年4月1日現在自動車ください。
納付場所:金融機関、ゆうちょ銀行、コンビニエンスストア、ペイジー対応のATM(インターネット・モバイルバンキング、クレジット納付も利用可) 
(注意)ペイジーやクレジット納付の際の、車検用納税証明書(はがきサイズ)の郵送は3月31日をもって終了しました。運輸支局・自動車検査登録事務所では電子的に納税確認ができ、車検時の納税証明書の提示は省略可。ただし、納付から納税確認まで10日ほどかかります。証明書が必要な方は、金融機関・コンビニエンスストアなどの窓口で納付のうえ、納税通知書右端の証明書をご利用ください。
[2]障害者手帳などをお持ちの方へ
 要件に該当する場合、自動車税・自動車取得税の減免が受けられます。減免を受けるには5月31日まで(新たに自動車を取得した場合は登録(取得)の日から1か月以内)に申請が必要です。
問合先:自動車税コールセンター 電話:03-3525-4066

相談

ご利用ください 空き家活用相談窓口

 区内の良質な空き家を地域資源として有効活用するための相談窓口です。
対象:空き家の公益的活用を希望する所有者か、地域活動の場を探している団体
問合先:建築調整課住宅担当 空き家活用相談窓口(区役所本庁舎7 階) 電話:03-5744-1348 FAX:03-5744-1612

一級建築士の建築相談が6月から月2回になります

 好評のため、回数が増えます。
日時:第1・3水曜。午前10時から正午、午後1時から4時(9月は防災週間内に実施、1月4日は休み)
会場:区役所本庁舎1階
問合先:建築調整課建築相談担当 電話:03-5744-1383 FAX:03-5744-1558

募集

登録しませんか?子育てすくすくネット

 会員数は現在908人。児童館・おおたっ子ひろばなどで、子どもと家庭を地域で見守り応援する会員を募集します。
おもな活動内容:できることをできる時間にできる範囲で
[1]子どもたちの登下校や生活の見守り
[2]イベントの企画運営、児童館で子どもたちの話を聞くこと
[3]子どもたちやその保護者と顔見知りになり、子育てを支えること
申込方法:活動を希望する児童館へお問い合わせください。会員登録後、児童館ごとのバッジ、ステッカーをお渡しします。登録後は、登録児童館へ自由に来館できます。
問合先:子育て支援課子育て支援担当 電話:03-5744-1273 FAX:03-5744-1525

防犯パトロール活動費の助成

 6・9・12月に募集します。詳細はお問い合わせください。
[1]防犯パトロール活動(初回)
対象:定期的に防犯パトロール活動を行っている自治会・町会、PTAなど
助成額:上限10万円(活動用ジャンパーなどの購入経費。1団体1回限り)
[2]防犯パトロール活動(継続)
対象:前回の活動助成を受けた後、引き続き3年間活動した団体
助成額:上限30,000円
[3]青色回転灯購入費
対象:防犯パトロール団体の巡回車両
助成額:上限15,000円
[4]青色回転灯装備車燃料費
対象:防犯パトロールに使用した青色回転灯装備車
助成額:上限30,000円
問合先:防災危機管理課生活安全・危機管理担当 電話:03-5744-1634 FAX:03-5744-1519

災害時協力井戸の登録

 井戸水は生活用水として利用します。平成26・27年度に登録した方は登録の必要はありません。25年度に登録した方は、今回再度の登録が必要です。
対象:次のすべてに該当する方
[1]日常的に井戸水を使用し、近隣の方にも利用しやすい場所に井戸がある
[2]災害時に近隣の方へ無償で井戸水を提供できる
[3]井戸所有の事実を災害対策上、必要な範囲で自治会などへ事前に公表できる
登録期間:3年間
(注意)登録した井戸は、原則として年に1回、区が簡易水質検査(一般細菌・大腸菌・六価クロム化合物など)を実施します。
申込方法:問合先へはがきかファクシミリ(記載例参照。「災害時協力井戸登録希望。井戸の所有に関する情報提供に同意します」と明記)。5月31日消印有効
問合先:防災危機管理課管理担当 電話:03-5744-1235 FAX:03-5744-1519

求人

区立保育園の夏季アルバイト

 保育士の補助(資格不要)
勤務期間
[1]7月11日から8月6日のうち10日間
[2]8月8から31日のうち10日間
[3]7月11日から8月31日のうち20日間
勤務時間など:午前9時から午後4時(実働6時間)。日額6,480円(交通費含む)
申込方法:来所、はがき、ファクシミリ(記載例参照。性別、学生の場合は学校名、[1]から[3]の別、自転車通勤の可否、希望園か地域、保育園経験の有無(園・期間)、資格のある方は取得資格も明記)。保育サービス課保育職員担当(〒144-8621大田区役所)へ。5月23日必着
電話:03-5744-1278 FAX:03-5744-1525

区立児童館の夏季アルバイト

 児童指導の補助(資格不要)
対象:7月21日から8月31日に週2から5日勤務可能な方
勤務時間など:午前8時30分から午後6時15分(実働4時間)。日額4,200円(交通費含む)
申込方法:5月31日までに子育て支援課子育て支援担当へ電話か来所
電話:03-5744-1272 FAX:03-5744-1525

お知らせ

5月は赤十字運動月間です

 日本赤十字社では毎年5 月に全国で活動資金募集運動を行います。集められた資金は災害救護や国際救援・血液事業などに活用されます。自治会・町会の方が赤十字協賛委員として各家庭を訪問しますので、ご理解・ご協力をお願いします。
問合先:地域力推進課地域力推進担当 電話:03-5744-1224 FAX:03-5744-1518

東京都市計画道路の都市計画素案説明会

 羽田空港二丁目と川崎市を結ぶ新たな都市計画道路(補助第333号線)の決定、羽田空港二丁目付近の環状第8号線の都市計画変更
日時:5月25日(水曜日)、午後7時から8時30分
会場:羽田小学校
申込方法:当日会場へ
問合先:東京都都市整備局街路計画課 電話:03-5388-3291

休館などのお知らせ

大田文化の森の休館
日時:全館休館 5月17から19日(消防設備・電力点検などのため)、情報館休館 5月16から21日(特別整理のため)
電話:03-3772-0700 FAX:03-3772-7300
大森東図書館の休館
日時:5月23から28日(特別整理のため)
電話:03-3763-9681 FAX:03-3298-6021
アプリコの改修工事と利用中止
 6月1日から10月31日、改修工事のため窓口を除く全館の利用を中止します。
(注意)窓口は休館日を除き通常通り営業
電話:03-5744-1600 FAX:03-5744-1599
消費者生活センター集会室などの利用休止
 大田区生活展の開催のため、9月28日から10月3日午後4時30分まで、集会室や行政施設が利用できません。
電話:03-3736-7711 FAX:03-3737-2936

参加・催し

大人のための朗読会「藤沢周平を読む」

日時:5月14日(土曜日)、午後2時から3時30分
定員:先着35名
申込方法:問合先へ電話か来館
会場・問合先:洗足池図書館 電話:03-3726-0401 FAX:03-3726-3268

おおたユニバーサル駅伝大会

 世代や障がいの垣根を越えてタスキをつなぐ選手たちを応援しましょう。
日時:6月5日(日曜日)、午前10時から午後2時
会場:大田スタジアム
申込方法:当日会場へ
(注意)5月20日まで、選手、ボランティアも募集しています。詳細はおおたユニバーサル駅伝大会事務局(電話:03-5753-3860 FAX:03-5753-3861)へお問い合わせください。
問合先:福祉管理課調整担当 電話:03-5744-1242 FAX:03-5744-1520

パパの手でつくる赤ちゃんのハッピータイム(3日制)

 ベビーダンスと親子遊びをマスターし、子育てを楽しむための講座です。
対象:区内在住・在勤・在学の両親と首がすわってからハイハイまでの第1子
日時:6月5・19日、7月3日。午前10時から11時30分
定員:抽選で30組
申込方法:問合先へファクシミリかEメール(記載例参照。お子さんの名前、月齢も明記)。5月22日必着
会場・問合先:エセナおおた 電話:03-3766-4586 FAX:03-5764-0604 E-mail escena@escenaota.jp

公益通報者保護法

公益のために通報した労働者を、解雇などの不利益から守る法律です

法律の目的
 事業者による国民の生命や身体の保護、消費者の利益の擁護などにかかわる法令遵守を確保するとともに、公益のために通報を行ったことを理由に労働者が解雇などの不利益な取り扱いを受けることのないよう定めたものです。

法律の具体的な内容
労働者が事業者内部の一定の犯罪行為やその他の法令違反行為について、事業者内部や処分などの権限を有する行政機関などに通報した場合、通報したことを理由に解雇などの不利益な取り扱いをすることは禁止されています。
公益通報を受けた事業者は、公益通報の是正措置などについて、公益通報者に通知するよう努めなければなりません。
公益通報を受けた行政機関は、必要な調査や適切な措置をとらなければなりません。

問合先:総務課総務係 電話:03-5744-1142 FAX:03-5744-1505

大田文化の森 催し案内

詳細はお問い合わせください。 http://www.bunmori-unkyo.jp/
問合先:大田文化の森運営協議会 〒143-0024中央二丁目10番1号(4階)  電話:03-772-0770 FAX:03-3772-0704

[1]気持ちよく身体をほぐす自力整体(3日制)

 18歳以上。6月12・26日、7月10日。午前9時30分から11時30分。費用2,000円。抽選で16名。5月30日必着(HPから申込可)

[2]気ままに楽しむインテリア書道(2日制)

 20歳以上。アートな書でポストカード制作。6月16・30日、午後2時から3時30分。費用1,600円。抽選で20名。5月31日必着(HPから申込可)

[3]0才からOK!のファミリーコンサート

 親子連れ。7月3日(日曜日)、午後2時から3時。費用大人(中学生以上)800円、子ども(4歳から小学生)500円、親子(大人1名と子ども1名)1,000円、3歳以下無料。抽選で230名。6月17日必着

[4]おはなしの部屋(事前申込不要)

 小学生以下(未就学児は保護者同伴)。本や紙芝居の読み聞かせ。5から9月の第1・3木曜、午後3時から3時30分(5月19日を除く)。先着各12名

[1]から[3]いずれも

申込方法:往復はがき。催し名、〒住所、氏名、年齢、電話番号、区報で見た旨を明記。3は参加者全員の氏名、年齢も明記。1枚1講座。
(注意)申し込みが一定数に達しないときは、講座を中止か延期する場合があります。費用は初回に全納です。

育児のお手伝いをしませんか?
ファミリー・サポート提供会員養成講座(4日制)

 ファミリー・サポートおおたでは、育児の援助を受けたい方(利用会員)と、その手助けをしたい方(提供会員)を登録し、仕事と育児の両立や育児をする家庭の支援をしています。
 保育に関するカリキュラムを修了すると提供会員として登録され、ボランティア(1時間800円から)として活動できます。
講師:保育士、看護師、栄養士、臨床心理士、医師など

対象:区内在住の20歳以上の方
日時:6月15・17・22・24日、午前10時から午後3時30分(24日は正午まで)
会場:消費者生活センター
定員:先着50名
申込方法:はがきか封書(記載例参照。生年月日、ファクシミリ番号も明記)。ファミリー・サポートおおた事務局(〒143-0016大森北四丁目16番5号)へ
電話:03-5753-1152 FAX:03-3763-0191

教育委員会からのお知らせ

事務室・窓口の移転 5月30日から

 教育総務課、学務課、指導課は、5月30日から、大田区蒲田五丁目37番1号ニッセイアロマスクエア5階へ移転します。電話番号、ファクシミリ番号に変更はありません。
問合先:教育総務課庶務係 電話:03-5744-1422 FAX:03-5744-1535
(注意)入学手続きなど住民異動に伴う一部の手続きは、引き続き区役所本庁舎6階でもお受けする予定です。詳細は下記へお問い合わせください。
問合先:学務課学事係 電話:03-5744-1429 FAX:03-5744-1536

教育委員会定例会

 日時などが変更になる場合がありますので、事前にお問い合わせください。
日時:[1]5月26日 [2]6月22日。ともに午後2時から
会場:[1]区役所本庁舎6階 [2]ニッセイアロマスクエア5階
定員:抽選で各16名
申込方法:当日会場へ
問合先:教育総務課庶務係 電話:03-5744-1422 FAX:03-5744-1535

第1期 区民大学・生涯学習リーダー事業
受講者募集

第1期 区民大学・生涯学習リーダー事業 受講者募集 現代社会の抱えるさまざまな課題に対して理解を深めるために開講しています。詳細は、特別出張所、文化センター、図書館で配布するパンフレットか区のホームページをご覧ください。

対象:原則として16歳以上の区内在住・在勤・在学の方
申込方法:往復はがき(記載例参照。2の保育、手話通訳、要約筆記希望はその旨明記)。地域力推進課生涯学習担当(〒144-8621大田区役所)へ。5月13日必着。電子申請も可
電話:03-5744-1443 FAX:03-5744-1518

1.【東京工業大学提携講座】
私たちの社会や生活を支える科学技術インフラ(各回申込制)

テーマ・開催日程
[1]ヒートアイランドと暑さの科学:5月25日(水曜日)
[2]電磁波で見る火山と地震:6月1日(水曜日)
[3]エネルギーと東京の暮らし:6月8日(水曜日)
[4]福島第一原子力発電所事故で発生した汚染土壌の浄化・減容化技術:6月15日(水曜日)
[5]太陽系の誕生:6月22日(水曜日)
[6]国際社会の未来を照らす無形のインフラ:持続的開発目標:6月29日(水曜日)
(注意)時間は午後7時から
会場:東京工業大学大岡山キャンパス 
定員:抽選で各80名(複数回申込可)

2.【人権塾NEXT 2016】
子どもたちに「差別」をどう伝えるか。そのはじめの一歩。(7日制)

日時:6月3日から7月22日の金曜、午前9時45分から11時45分
(注意)7月15日を除く。6月3日は午前10時から正午
保育(1人1回500円程度)、手話通訳、要約筆記有り。
会場:大田区民センター、江戸東京博物館(6月3日のみ)
定員:抽選で30名

《公開講座》「言葉」を解き放つ時
日時:7月22日、午前9時45分から11時45分
定員:抽選で70名

3.【佐伯栄養専門学校提携講座】(各回申込制)

テーマ・開催日程
[1]これから多発の食中毒 予防と対策:6月4日(土曜日)
[2]健康食品やサプリメントの最新の知識 正しい使い方:6月18日(土曜日)
[3]メタボの予防と対策 食生活を中心に:7月2日(土曜日)
(注意)時間は午後2時から4時
会場:佐伯栄養専門学校 
定員:抽選で各70名(複数回申込可)

4.【生涯学習リーダー企画講座】
“地域包括ケアシステム”をみんなの手でつくろう
“住みやすいまちづくり”を信頼でつなぐ(6日制)

日時:6月15・18・22・29日、7月3・6日。午後1時30分から3時30分
(注意)6月15日は午後4時20分まで、7月6日は午後4時まで。
会場:入新井集会室、消費者生活センター
定員:抽選で30名

《公開講座》
[1]生活支援サービスの輪を広げよう 地域包括ケア体制構築に向けて
日時
:6月18日、午後1時30分から3時30分
定員:抽選で80名
[2]医療の立場から地域包括ケア体制構築に向けて医療が果たす役割と課題
日時:7月3日、午後1時30分から3時30分
定員:抽選で80名

ありがとうございます あたたかい善意

障がい者福祉のために

東京羽田ライオンズクラブ:テント一式

福祉のために

花村静子:50,000円

2016年台湾地震救援金

鈴木栄治朗:1,000円
(注意)希望しない場合は掲載していません。(順不同、敬称略)

東日本大震災災害義援金

日本赤十字社東京支部大田区地区受付分 2億987万5,660円(平成28年3月31日まで)
(注意)寄附された方の氏名・団体名などは区のホームページに掲載しています。

健康ほっとライン

地域健康課からのお知らせ

(注意)申し込み・問い合わせは催しごとに記載の地域の地域健康課へ
(注意)会場の記載がないものは、地域庁舎で (注意)費用の記載がないものは無料

大森(〒143-0015大森西一丁目12番1号 電話:03-5764-0661 FAX:03-5764-0659)

口から始める健康講座
  誤えん性肺炎の予防の話と軽い体操
対象:65歳以上の方 
日時:5月19日(木曜日)、午後2時から3時30分
会場:大森東地域センター
申込方法:当日会場へ

調布(〒145-0067雪谷大塚町4番6号 電話:03-3726-4145 FAX:03-3726-6331)

わくわく子育て 1歳ママの集い 
 1歳前後の成長・発達の話、遊び方など
対象:10か月から1歳2か月未満のお子さんと母親
日時:6月10日(金曜日)、午前10時から11時30分
定員:先着15組
申込方法:5月2日から電話で

シニア世代の食生活講座(3日制)
 健康長寿のための食事の話と調理実習
対象:65歳以上で調理実習に参加できる方
日時:6月10・24日、7月8日。午前10時30分から午後0時30分
費用:各回400円
定員:先着20名
申込方法:5月2日から電話で

口から始める健康講座
 誤えん性肺炎の予防の話と軽い体操
対象:65歳以上の方
日時:6月17日(金曜日)、午後2時から3時30分
会場:雪谷文化センター
申込方法:当日会場へ

両親学級
 両親での子育てについての講演
(注意)赤ちゃんの入浴実習はありません。
対象:妊娠中で、パートナーと参加できる区内在住の方
日時:6月18日(土曜日)、午前9時から正午
会場:嶺町集会室
定員:60組(初産で出産予定日の近い方を優先)
申込方法:電子申請か往復はがき。「両親学級6月18日申込」、〒住所、お2人の氏名・ふりがな・年齢、電話番号、出産予定日、出産回数、両親学級の参加歴を明記。5月20日必着

めざせ!インナービューティー(2日制)
 楽しく体を動かしましょう。
45歳未満の女性(原則、2日とも参加できる方)
6月23日、7月7日。午後1時30分から4時
先着30名
5月2日から電話で。保育(生後4か月以上の未就学児先着25名)

今日から始める歯周病ケア 30代から要チェック! 
 歯肉の写真撮影、歯みがき実習など
対象:区内在住・在勤の20歳以上の方
日時:6月30日(木曜日)、午後1時30分から3時30分
定員:先着15名
申込方法:5月2日から電話で

蒲田(〒144-0053蒲田本町二丁目1番1号 電話:03-5713-1701 FAX:03-5713-1509)

ハッピーママ ヤンチャ盛り!イヤイヤ期!心の育ちと親育ち(2日制) 
 子育ての話、グループワーク
対象:初めてのお子さんが1歳6か月から2歳未満の母親で2日とも参加できる方
(注意)当日までに1歳6か月児健康診査が終了していること。
日時:5月30日、6月6日。午前10時から11時30分
定員:先着10名
申込方法:5月2日から電話で。保育(未就学児先着10名)

口から始める健康講座
 誤えん性肺炎の予防の話と軽い体操
対象:65歳以上の方 
日時:6月13日(月曜日)、午後1時30分から3時30分
定員:先着30名 
申込方法:5月2日から電話で

赤ちゃんとママのための栄養講習会
 離乳食づくり体験、妊産婦の食事(話と試食)
対象:区内在住の妊娠中の方
日時:6月17日(金曜日)、午前9時45分から正午
定員:先着20名
申込方法:5月2日から電話で

ママのクッキングスクール
 ママと家族のバランスの良い食事づくり(話と調理実習)
対象:未就学児の母親
日時:6月21日(火曜日)、午前10時から正午
費用:500円
定員:先着20名
申込方法:5月2日から電話で。保育(1歳以上の未就学児先着20名)

シニア世代の食生活講座(3日制)
 健康長寿のための食事の話と調理実習
対象:65歳以上で調理実習に参加できる方
日時:6月29日、7月13・27日。午前10時から正午
費用:各回400円 
定員:先着20名
申込方法:5月2日から電話で

歯周ポケットをつくらない! 歯周病の基礎講座
 顕微鏡で細菌観察、歯みがき実習など
対象:区内在住・在勤の20歳以上の方
日時:6月29日(水曜日)、午後1時30分から3時30分
定員:先着15名 
申込方法:5月2日から電話で

糀谷・羽田(〒144-0033東糀谷一丁目21番15号 電話:03-3743-4161 FAX:03-3742-3116)

子育て奮闘中のママのための講演会「わたしって叱りすぎ!?」 
対象:乳幼児の母親で、叱りすぎが気になっている方
日時:5月31日(火曜日)、午前10時から11時30分
定員:先着15名
申込方法:5月2日から電話か来所。保育(未就学児先着15名)

災害時の食事から非常食や日常の食品を利用してから 
対象:区内在住・在勤の方
日時:6月1日(水曜日)、午後1時30分から3時30分
定員:先着30名 
申込方法:5月2日から電話で

シニア世代の食生活講座(3日制)
 健康長寿のための食事の話と調理実習
対象:65歳以上で調理実習に参加できる方
日時:6月8・22日、7月6日。午前10時から正午
費用:各回400円
定員:先着20名
申込方法:5月2日から電話(電話:03-743-4161)で

両親学級 
 赤ちゃんのもく浴実習、妊婦疑似体験
対象:妊娠中で、パートナーと参加できる区内在住の方
日時:6月11日(土曜日)、午前9時15分から正午
会場:萩中集会所
定員:35組(初産で出産予定日の近い方を優先)
申込方法:電子申請か往復はがき。「両親学級6月11日申込」、〒住所、お2人の氏名・ふりがな・年齢、電話番号、出産予定日、出産回数、両親学級の参加歴を明記。5月18日必着

乳幼児救急蘇生法講習会
対象:乳幼児の保護者(お子さん同伴可)
日時:6月15日(水曜日)、午前10時から11時30分
会場:萩中集会所 
定員:先着30名
申込方法:5月2日から電話(電話:03-3743-4161)で

口から始める健康講座 
 誤えん性肺炎の予防の話と軽い体操
対象:65歳以上の方
日時:6月23日(木曜日)、午後2時30分から4時
会場:萩中文化センター
定員:先着20名
申込方法:5月2日から電話(電話:03-3743-4161)で

健康便り

保護者向けぜん息健康相談会

保護者向けぜん息健康相談会 ぜん息の治療方法などの講話と相談会
対象:ぜん息にり患している小中学生の保護者
日時:5月13日(金曜日)、午後3時30分から4時30分
会場:平和島公園温水プール
定員:先着30名程度 
申込方法:当日会場へ
問合先:健康医療政策課公害保健担当 電話:03- 5744-1246 FAX:03-5744-1523

6月の地域健康課共通事業

事業名 対象・内容・日時(受付は15分前から)
(予)育児学級
(7から8か月)

2回食への進め方、お口の発達とむし歯予防
大森 6月16日、午前10時から11時30分
調布 6月15日、午前10時から11時30分
蒲田 6月9日、午前10時から11時30分
糀谷・羽田 6月7日、午前10時から11時30分
(予)ママとわたしの食育クラス
(9から11か月)

ママの食事と離乳食(3回食)
大森 6月17日、午前10時から11時30分
調布 6月9日、午前10時から11時30分
蒲田 6月9日、午後2時から3時30分
糀谷・羽田 6月は実施しません
(予)育児学級
(1歳から1歳3か月)

幼児食への進め方とむし歯予防のポイント
大森 6月21日、午前10時から11時30分
調布 6月14日、午前10時から11時30分
蒲田 6月23日、午前10時から11時30分
糀谷・羽田 6月は実施しません
(予)栄養相談 離乳食や幼児食などの相談
肥満、血圧や血糖値が高めなどの食事相談
(予)両親学級(3日制) 大森 6月7・14・21日、午後1時15分から4時
調布 6月13・20・27 日、午後1時15分から4時
蒲田 6月9・16・23 日、午後1時15分から4時
糀谷・羽田 6月8・15・22 日、午後1時15分から4時
(予)精神保健相談 思春期、認知症、アルコール依存症などで悩んでいる方とその家族
乳幼児 4か月児健康診査 平成28年2月生まれの方 該当者には通知します。4月末までに届かない方は、各地域健康課へお問い合わせを
健康診査は、地域健康課により前月か翌月になる場合があります
健康診査の内容は、乳幼児の発育状態などの診査、必要に応じ保健・心理・歯科・栄養相談を実施
1歳6か月児健康診査 平成26年11月生まれの方
3歳児健康診査 平成25年5月生まれの方
(予)乳幼児歯科相談 3歳未満 むし歯予防教室、歯科相談など

(予)は予約が必要です。
(注意)健康に関する相談はいつでも受け付けています。

土・日曜、祝日や夜間に病気や歯痛になったら

小児科、内科
診療時間:日曜、祝日 午前9時から午後10時 土曜 午後5時から10時(受付は午後9時30分まで)
大森医師会診療所(大田区中央四丁目30番13号) 電話:03-3772-2402
田園調布医師会診療所(大田区石川町二丁目7番1号)(注意)土曜を除く 電話:03-3728-6671
蒲田医師会診療所(大田区蒲田四丁目24番12号) 電話:03-3732-0191

小児科
診療時間:月から金曜(祝日を除く) 午後8時から11時
大田区子ども平日夜間救急室(大田区大森西六丁目11番1号)
東邦大学医療センター大森病院3号館内 電話:03-3762-4151

歯痛
診療時間
:日曜、祝日 午前9時から午後5時(受付は午後4 時30 分まで)
大森歯科医師会館(大田区池上四丁目19番7号) 電話:03-3754-8648
蒲田歯科医師会館(大田区新蒲田一丁目4番14号) 電話:03-3731-9282

接骨(ほねつぎ)
施術時間:日曜、祝日 午前9時から午後5時
東京都柔道整復師会大田支部 電話:090-3542-3896

薬(処方せん調剤)
取り扱い時間
:日曜、祝日 午前9時から午後10時 土曜 午後5時から 10時
大森地区:大森会営薬局(中央三丁目1番3号) 電話:03-3774-7721
田園調布地区(注意)土曜を除く:ゆきがや薬局(東雪谷五丁目1番1号) 電話:03-3728-231
蒲田地区:蒲田薬局(蒲田四丁目38番5号) 電話:03-3732-1291

眼科
診療時間

日曜、祝日 午前9 時から翌日午前9 時
月から金曜 午後5時から翌日午前9時 
土曜 正午から翌日午前9時(近隣の開業医で受診可能な
時間にはそちらをご案内することがあります)
診療曜日・医療機関
日・月・水・土曜 東邦大学医療センター大森病院 電話:03-3762-4151
日・火・金・土曜 昭和大学病院附属東病院 電話:03-3784-8383
木曜 保健医療公社荏原病院 電話:03-5734-8000

外科
診療時間
:日曜 午前9時から午後5時(受付は午後4 時30分まで)
大森医師会診療所(中央四丁目30番13号)  電話:03-3772-2402


その他の医療機関案内(24時間受付)
東京都医療機関案内サービス「ひまわり」 電話:03-5272-0303

救急車を呼んだほうがいいか迷ったら(24時間受付)
東京消防庁救急相談サービス「救急相談センター」 電話:#7119
ダイヤル回線のときは 電話:03-3212-2323

母と子の健康相談室(小児救急相談)
開設時間
:月から金曜 午後5時から 10時 土・日曜、祝日 午前9時から午後5時
母と子の健康相談室 電話:#8000
ダイヤル回線のときは 電話:03-5285-8898

6月4から10日は歯と口の健康週間です
「健康も 楽しい食事も いい歯から」

 歯と口の健康を守るには、歯科医によるプロチェック・プロケアと、自分で行うセルフチェック・セルフケアが欠かせません。かかりつけの歯科医を持って定期的に歯科健診や相談・ケアを受けることが重要です。同時に、歯みがきなど自分でできることを確実に実行することも、とても大切です。

[1]「小中学生の図画・ポスター展」と「歯と口の健康無料相談」
小中学生の図画・ポスター展
5月28日から6月2日(6月2日は正午まで)
歯と口の健康無料相談
6月2日(木曜日)、午後2時から4時
会場:区役所本庁舎1階
申込方法:当日会場へ
問合先:蒲田歯科医師会 電話:03-3735-1004

[2]保育園児、小中学生の図画・ポスター、作文の展示・表彰
日時:6月19日(日曜日)、展示 午前10時から午後1時30分、表彰式 午前11時から午後0時30分
会場:池上会館
問合先:大森歯科医師会 電話:03-3755-5400

歯と口の健康週間 パネル展[3]歯と口の健康週間 パネル展
「自分でできる歯と口の健康づくり これで100%!セルフチェック・セルフケア」
[1]むし歯予防、[2]歯周病予防、[3]口腔が ん予防、[4]誤えん性肺炎予防に関するク イズパネルで、「100%のセルフケア」 ができているかセルフチェックすること ができます。
日時:6月3から7日(3日は正午から、7日は 午後3時まで)
会場:区役所本庁舎1階
問合先:地域健康課業務係
大森 電話:03- 5764-0661 FAX:03-5764-0659
調布 電話:03- 3726-4145 FAX:03-3726-6331
蒲田 電話:03- 5713-1701 FAX:03-5713-1509
糀谷・羽田 電話:03- 3743-4161 FAX:03-3742-3116

みる・きく・まなぶ 区民のひろば

区民のひろば凡例
【費】:参加費など、【申】:申込先か問合先 (注意)費用の記載がないものは原則無料

掲載申し込み:催し名、サークル名、日時、場所、講師名、費用、問合先の氏名・〒住所・電話番号を明記し、〒144-8621大田区役所広聴広報課「区民のひろば」係へ
締切:掲載月2か月前の15日必着
開催日や申込締切日が1から9日までのものは開催前月の1日号、10日以降のものは開催月1日号に掲載します。
掲載できないもの[1]営利目的や売名目的、講師が主催する教室と認められるもの[2]政治・宗教関係[3]同一の人物か団体で、前回の掲載から6か月経過していない催しなど。
掲載の催しは区の主催ではありません。ご自身の責任で参加してください。紙面の都合ですべてを掲載できない場合があります。

お子様連れママ歓迎!フラダンス無料体験
[1]5月9・23日:下丸子駅近くの会場で。 [2]5月20・27日:蒲田駅近くの会場で。時間はいずれも午前10時から、午後7時から。先着各6名。電話で【申】加浦電話:090-5541-3532

水彩画初心者無料体験会
5月10・24日、午前9時から正午、東六郷老人いこいの家で。電話で【申】河口T電話:03-3741-6099

ウクレレ無料練習会
5月11・20・25日、午後2時30分から4時30分、大田文化の森で。電話で【申】松尾電話:090-2488-6027

たのしく写経に親しみましょう
5月11から13・23から27日、[1]午前10時から正午 [2]午後2時から4時、田園調布南の会場で。電話で【費】1,000円(1回)【申】根津電話:090-3220-7258

入門から始める英会話サロン!EDO会
18歳以上の方。[1]5月11日午前9時45分から、大田区民プラザで [2]5月11日午前9時45分から、消費者生活センターで [3]5月13日午前9時45分から、六郷地域力推進センターで [4]5月14日午後3時から、西蒲田五丁目の会場で [5]5月17日午前9時45分から、池上会館で [6]5月23日午後1時30分から、大田文化の森ほかで。電話で500円から(1回)【申】村田電話:03-6424-5785

彩美会水彩画展
5月12から15日、午前10時から午後6時(12日は正午から。15日は午後5時まで)、アプリコで。当日会場へ電話:03-3766-4766坂本

あなたの名前を篆刻で。体験会
5月12・26日、午前10時から正午、大田区民センターで。先着5名。5月11日までに電話で【費】500円(2回)【申】大西電話:080-1413-2650

田園調布ミニブリッジ無料体験教室
初めての方。5月13・20日、午後1時から3時、田園調布せせらぎ公園多目的室で。電話で【申】佐藤電話:03-3778-0781(午後7時以降)

楽しい詩吟無料講習会
5月13・27日、午後1時から3時、蒲田一丁目自治会館で。電話で【申】山崎電話:090-1113-5549

おなづか(旧女塚)小学校同窓会
5月14日(土曜日)午後2時30分から、おなづか小学校で。当日会場へ【費】3,000円(18歳以下1,000円)電話:03-3752-1805玉田

やさしい太極拳無料体験
上履き持参。5月14・28日午後1時から3時、ふれあいはすぬまで。当日会場へ電話:090-1836-8627修練会・木村

誰でも出来る手品教室
5月14日、6月4日、7月2日午後5時30分から、入新井老人いこいの家で。電話で【費】3,000円(3回)【申】村野電話:090-7848-0222

ダンススポーツ無料講習会
15歳以下の方。5月14日からの土曜(6か月間)午前10時30分から正午、石川町文化センターで。電話で【申】綾野電話:080-6702-9021

大田区海洋少年団無料親子体験教室
小学生以上。保護者同伴。手こぎボート、ヨット、カヌーなど。5月15日(日曜日)午前10時から午後0時30分、多摩川大師橋際水門下で。電話で【申】安藤電話:03-3741-0717

夢あからるまつり
模擬店、音楽ステージなど。5月15日(日曜日)午前11時から午後3時、平和の森公園で。当日会場へ電話:090-5805-3098三村

楽しい詩吟1日無料体験
筆記用具持参。5月15日午前10時から11時30分、池上文化センターで。5月28日午後3時30分から5時、馬込文化センターで。当日会場へ電話:090-3538-0070橋

大森第六中学校同窓会
5月15日(日曜日)午後1時から、大森第六中学校で。当日会場へ【費】3,000円(17歳以下無料)電話:03-3717-4455相川

愛唱歌と名曲の集い
5月17日(火曜日)正午から午後2時、アプリコで。電話で【費】1,500円【申】森本電話:080-3351-7290

ゆっくり学ぼうミドルシニアの英会話
5月18日(水曜日)午前11時から正午、大田区民プラザで。抽選で5名。電話で【費】1,000円【申】鈴木電話:080-2249-9663

平和島グラウンド・ゴルフクラブ体験会
雨天中止の場合あり。5月18・25日午前9時から11時、平和島公園で。当日会場へ【費】100円(1回)電話:03-3728-0587堀口

歌声喫茶@下丸子
5月19日、6月1日午前10時から、下丸子駅近くの会場で。先着各25名。電話で【費】2,000円(1回)【申】鈴木電話:03-3750-3448

水泳無料体験会
小中学生。5月20・27日午後7時15分から8時45分、矢口区民センタープールで。電話で【申】川島電話:03-3777-7434

水中ウォーキング・水泳体験
女性。5月20・27日正午から午後2時、矢口区民センタープールで。先着10名。5月11日までに電話で【費】300円(1回)【申】大胡(だいご)電話:03-3757-4612

国際武道院総合武道大会
5月22日(日曜日)午前10時から午後4時、池上会館で。当日会場へ電話:03-3732-4366松崎

チーム大田吹奏楽団定期演奏会
5月22日(日曜日)午後1時30分開演、大田区民センターで。当日会場へ電話:080-3302-0384東福寺

東調布第一小学校同窓会
5月22日(日曜日)午後2時から4時、東調布第一小学校で。当日会場へ【費】1,000円(学生無料)電話:03-3750-2258同窓会事務局・高野

マンション管理委託費等の見直しによる経費節減
5月22日(日曜日)午後2時から4時、エセナおおたで。電話で【申】大田区マンション管理士会・金子電話:090-2552-3305

「路の会」朗読発表会
5月24日(火曜日)午後1時開演、アプリコで。当日会場へ電話:080-1253-0883黒田

パステル画倶楽部絵画展
5月27から29日、午前10時から午後5時(27日は正午から。29日は午後4時まで)、大田文化の森で。当日会場へ電話:090-2751-7757榎本

大森巻きを作ろう!
太巻作り、海苔クイズなど。エプロン持参。5月28日(土曜日)午前11時30分から午後1時、大森海苔のふるさと館で。抽選で32名。往復はがき(〒住所、氏名、電話番号、参加人数)で。5月15日消印有効【費】1,000円【申】〒143-0014大森中一丁目6番5号 大森海苔組合事務局電話:03-3762-3441

行政書士による終活セミナーから成年後見・遺言書&相続から
5月28日(土曜日)午後1時30分から4時、消費者生活センターで。先着30名。電話で【申】青葉電話:03-6715-0236

はじめてのベリーダンス無料体験レッスン
5月29日(日曜日)[1]小学生:午前10時から11時[2]大人:午前11時15分から午後0時15分、西蒲田七丁目の会場で。電話で【申】鈴木電話:090-6938-3867

50歳からの日常英会話体験会
初心者。5月30日、6月6日、午前11時から正午、消費者生活センターで。電話で【費】1,000円(1回)【申】島田電話:080-5091-1672

英語でキッズダンス無料ミニ講座
幼稚園年中から小学2年生。6月2・9・16日(全3回)、午後4時30分から5時30分、矢口区民センターで。先着20名。5月25日までに電話で【申】スペンサー電話:03-5482-0660

東調布第三小学校同窓会総会・懇親会
6月5日(日曜日)午後1時から、東調布第三小学校で。当日会場へ【費】1,000円(学生500円)電話:03-3753-8927原田

大田区女性明朗麻雀区民大会
6月5日(日曜日)午前9時から午後5時、大田区民センターで。抽選で80名。往復はがき(〒住所、氏名、年齢、電話番号)で。5月27日必着【費】1,500円【申】〒143-0016大森北四丁目16番17号 竹内電話:03-3764-0800

おおたの生き物はっけん隊(親子自然体験会)
6歳以上。保護者同伴。6月5日ほか(全10回)、田園調布せせらぎ公園ほかで。5月1から22日に電話で【費】1人500円【申】北間電話:090-9132-1349

金子みすゞの歌コンサート
6月5日(日曜日)午後2時開演、大田区民プラザで。先着500名。当日会場へ【費】500円(小学生以下無料)電話:080-1283-6494岡崎

お知らせ

住みよいまちづくりのために できる人が、できる時に、できることを
自治会・町会や地域活動に参加しませんか 最初の一歩は「楽しむ」ことから

住民票の写しなどは夜間、土・日曜窓口の利用や郵便で請求できます

 平日の昼間に区役所へ行くことができない方でも、住民票の写しなどの交付が受けられるよう、夜間、土・日曜の窓口開設や郵送による請求の受け付けをしています。
 また夜間窓口では、住民異動届(転入・転出・転居届)や印鑑登録申請書の預かりも行っています。取り扱いできない業務もありますので詳細はお問い合わせください。

問合先:戸籍住民課戸籍住民担当 電話:03-5744-1185 FAX:03- 5744-1513

区役所本庁舎で夜間、土・日曜窓口を実施しています

区役所本庁舎で夜間、土・日曜窓口を実施しています 区役所本庁舎1階の戸籍住民窓口では、月から金曜の夜間や土・日曜にも住民票の写しや印鑑登録証明書などを発行しています。
取り扱う業務や開設日時は次のとおりです。

開設日時
月から金曜:午後7時まで
(注意)祝日、国民の休日、 12月29日から1月3日は休み
土・日曜:午前9時から午後5時
(注意)12月29日から1月3日は休み

取り扱いできる業務
[1]戸籍全部・個人事項証明書(電算化された謄・抄本)(注釈1)
(注意)原則として、本人か同一戸籍内に掲載されている方の請求に限ります。
[2]住民票の写しの発行 
(注意)原則として、本人か同一世帯の方の請求に限ります。
[3]印鑑登録証明書の発行
[4]住民票記載事項証明書の発行・認証
[5]恩給や基金、年金などの現況届の証明
[6]住民税課税(非課税)証明書・納税証明書の発行
[7]住民異動届(転入・転出・転居)の預かり(土・日曜を除く)(注釈2)
[8]印鑑登録申請書・印鑑登録証亡失・廃止申請書の預かり(土・日曜を除く)
[9]戸籍届け出の受領と埋火葬許可証の発行
(注釈1) 大田区では戸籍を電算化していますが、一部従前どおりのものがあります。
(注釈2) 外国籍の方を除く。また、一部取り扱いができない場合があります。

特別出張所には休日夜間申請受付ボックスを設置
(新井宿・羽田・六郷特別出張所は現在休止中です)

特別出張所には休日夜間申請受付ボックスを設置 住民票の写しと、戸籍全部・個人事項証明書(謄・抄本)を申請できます。
 出生届、婚姻届などの戸籍に関する届け出や転入・転出届などは申請できません。月から金曜に窓口へ届け出てください。

申請できる方
・住民票の写し:本人か同一世帯の方
・戸籍全部・個人事項証明書(謄・抄本):本人か同
一戸籍内に掲載されている方

手数料(1通)
住民票の写し:300円
戸籍の全部・個人事項証明書:450円

申請方法 
 ボックスに備え付けの申請書と返信用封筒に必要事項を記入し、手数料(定額小為替か現金)と切手を貼った返信用封筒、本人確認書類(有効期限内の運転免許証・住民基本台帳カード・健康保険証などの写しで請求者の住所が確認できるもの)を専用封筒に入れ、ボックス内に投かんしてください。投かんされた翌開庁日に発行し郵送します。

問合先:特別出張所


郵便での請求は戸籍住民課へ

 郵便での請求は、戸籍住民課で受け付けています。

住民票の写し、戸籍の証明などを請求できる方
[1]住民票の写しは、本人か同一世帯の方
[2]戸籍全部・個人事項証明書(謄・抄本)は、本人かその家族(配偶者、子、孫、祖父母)
[3]上記[1][2]以外の方が請求できるのは、権利行使、義務履行のために必要な場合などに限られます。請求の際は「使いみち」と「記載されている方との関係」を具体的に記入してください。
(注意)大田区の戸籍で親族関係を確認できないときなどは、疎明資料や関係のわかる戸籍の添付が必要な場合があります。また、代理の方が請求する場合は、本人からの委任状と代理の方の本人確認書類の添付が必要です。

請求できる主な証明書と手数料(1通)
住民票の写し:300円、戸籍全部・個人事項証明書(謄・抄本):450円、除籍全部・個人事項証明書(謄・抄本):750円、改製原戸籍謄・抄本:750円、戸籍の附票の写し:300円
(注意)手数料は定額小為替をご利用ください。

請求方法
 必要事項を記入し、手数料(定額小為替)と返信用切手・封筒、本人確認書類(有効期限内の運転免許証・住民基本台帳カード・健康保険証などの写しで請求者の住所が確認できるもの)を同封してください。
(注意)戸籍全部・個人事項証明書(謄・抄本)の請求で、大田区の現在戸籍の附票の住所と送付先が一致している場合、本人確認書類の送付の必要はありません。

請求先 
戸籍住民課戸籍住民担当(郵送)( 〒144-8621大田区役所)
・戸籍関係 電話:03-5744-1233  ・住民票関係 電話:03-5744-1676  FAX:03- 5744-1546(共通)

《郵便で請求する際の必要記載事項》
住民票の写し
[1]住所 
[2]世帯主
[3]家族全員か一部かの別(一部の場合は必要な方の氏名)
[4]続柄、本籍記載の有無
[5]必要な通数 
[6]使いみち
[7]請求者の住所、氏名(自署か記名押印)
[8]平日昼間の連絡先電話番号
戸籍全部・個人事項証明書、附票の写し
[1]本籍
[2]筆頭者(戸籍のいちばん初めに記載されている方)
[3]戸籍全部・個人事項証明書の別(個人事項証明書の場合は必要な方の氏名)
[4]必要な通数 
[5]使いみち
[6]請求者の住所、氏名(自署か記名押印)
[7]平日昼間の連絡先電話番号

雨水を利用しませんか
大田区雨水貯留槽設置助成・雨水浸透施設設置助成のご案内

 大雨が降ったときに、多量の雨水が下水道に一度に流れ込むと、水があふれ浸水することがあります。屋根に降った雨水を下水や河川に流さず、一時的に「雨水タンク」に貯めたり、「浸透ます・穴あき管」から地下に浸み込ませたりするための工事費の一部を助成します。

雨水貯留槽(タンク)とは?

雨水貯留槽(タンク)とは? 屋根に降った雨水を一時的に貯めるタンクです。植木や庭への散水、夏場の打ち水にも利用でき、環境にもやさしい設備です。家屋や環境に適したものをお選びください。
小型貯留槽(500リットル未満)を設置する場合の助成額
 個人:(本体価格+設置工事費)× 2/3  
 その他:(本体価格+設置工事費)× 1/2
・助成限度額 
 1基につき4万円。1敷地につき2基まで
 (注意)大型貯留槽(500リットル以上)の助成もあります。

雨水浸透施設とは?

雨水浸透施設とは? 雨どいで集めた雨水を浸透ますと穴あき管(浸透トレンチ管)で地下に浸み込ませるものです。地下水や環境の保全にも役立ちます。
助成対象地域
埋立地以外の区内全域(注意)対象地区内であっても、[1]急傾斜地 [2]隣地と段差のあるところ [3]地下水位の高い場所などには適しません。また、「大田区開発指導要綱」の適用を受ける
建築物は対象外となります。
助成額
実際にかかった対象工種の工事費合計額(1件につき40万円を上限) 
(注意)合計額が40万円以下の場合、本人負担はありません。

問合先:建築調整課地域道路整備担当 電話:03-5744-1308 FAX:03- 5744-1558

さぽーとぴあ へ行こう

イベント名 開催日時 申込締切
[1]ダンス講座

5月27日(金曜日)、午後6時から6時45分 5月18日
[2]ストレッチ入門講座 5月28日(土曜日)、午後1時30分から3時30分
[3]ヨガ講座 6月10日(金曜日)、午後6時から6時45分 5月31日

定員:抽選で各15名
申込方法:問合先へ電話かファクシミリ(記載例参照)
問合先:さぽーとぴあ 電話:03-5728-9434 FAX:03-5728-9438

障がいのある方もない方もどなたでも参加できます

ヨガ講座 ダンス講座

ご存じですか 自転車ナビマーク・ナビライン

 自転車ナビマークと自転車ナビラインは、みなさんに車道における自転車の通行場所や進行方向をお知らせするものです。自転車ナビラインなどの上を自転車が走ることで、歩行者と自転車が通行する場所が分かれ、安全・安心に通行できます。

(左)自転車ナビマーク (右)自転車ナビライン

問合先:都市基盤管理課交通安全対策担当 電話:03-5744-1315 FAX:03-5744-1527

いきいき公園体操―萩中・ふくし・矢口二丁目・本門寺公園

いきいき公園体操 いつまでも健康でいきいきとした生活を送れるよう応援します。

対象:次のすべてに該当する方
[1]65歳以上で会場まで自分で通える [2]医師から運動制限を受けていない
申込方法:当日会場へ 
問合先:高齢福祉課総合事業担当 電話:03-5744-1624 FAX:03-5744-1522

会場 雨天時の会場 開催日時
萩中公園

中止 第2・4木曜 午前10時から11時
ふくし公園 第2木曜は嶺町集会室
第4木曜は中止
午後2時から3時
矢口二丁目公園 中止 第1・3金曜 午前10時から11時
本門寺公園 第1金曜は中止
第3金曜は池上会館
午後2時から3時

 

《カヌースポーツの楽しさを体験しよう!》TOKYO CANOE FESTIVAL in OTA 2016

《カヌースポーツの楽しさを体験しよう!》TOKYO CANOE FESTIVAL in OTA 2016日時:5月21日(土曜日)22日(日曜日)午前10時から午後4時
会場:大森ふるさとの浜辺公園

体験会
対象:小学4年生以上
時間:午前10時から正午、午後1時から4時
費用:1人1日500円
申込方法:当日会場へ

昭和島シーカヤックツーリング
対象:中学生以上のカヌー経験者
時間:[1]午前10時から正午 [2]午後1時から3時
費用:4,000円
定員:抽選で各10名
申込方法:往復はがき、ファクシミリ、Eメール(記載例参照。希望日、希望時間、性別、携帯電話番号、身長・体重、カヌー経験の内容も明記)。大田観光協会(〒144-0035南蒲田一丁目20番20号)へ。5月10日必着
電話:03-3734-0202 FAX:03-3734-0203 E-mail oca2010@o-2.jp

払わない! 教えない!マイナンバー詐欺にご用心

マイナンバーキャラクター マイナちゃん【事例1】
「マイナンバーカードの登録手数料」として金銭を要求された。
⇒マイナンバーの通知や利用手続きなどで、金銭を要求したりATMの操作を依頼することはありません。

【事例2】
「マイナンバー制度のアンケート」として個人情報を聞かれた。
⇒国や自治体の職員が、マイナンバー制度に関連して家族構成・資産・保険の契約状況などを聞くことはありません。

【事例3】
「有料サイトの料金が未払いだ。放置すれば訴訟履歴がマイナンバーに登録される」などと、業者への連絡を求めるメールが送られてきた。
⇒マイナンバーの利用範囲は法律で決められており、マイナンバーから訴訟履歴が明らかになることはありません。

不審な電話などを受けたら

消費者生活センター 電話:03-3736-0123
月から金曜(祝日、年末年始を除く)、午前9時から午後4時30分

土・日曜、祝日は 消費者ホットライン 電話:188(いやや)
土曜:午前9時から午後5時 
日曜、祝日(年末年始を除く):午前10時から午後4時

マイナンバーに関するご相談は

大田区マイナンバーコールセンター(日本語、英語、中国語、韓国語対応)
電話:0570-03-3370 FAX:050-3737-9318
月から金曜:午前9時から午後7時 土・日曜、祝日:午前9時から午後5時

精神障がい者家族のための電話相談事業

精神障がい者家族のための電話相談事業対象:精神に障がいのある方の家族など
日時:土曜、午後1時から4時
相談専用電話(電話:03-5700-0045)へ電話
問合先:大田区社会福祉協議会成年後見センター
電話:03-3736-2022 FAX:03-3736-5590

人権問題への理解を深めましょう 《5月1から7日は憲法週間》

憲法や人権について考えましょう

 日本国憲法は昭和22年5月3日に施行され、この日は憲法記念日と定められました。憲法記念日をはさむ5月1から7日は憲法週間です。

人権とは
 日本国憲法は、法の下の平等、思想及び良心の自由、学問の自由、教育を受ける権利など、多くの人権を保障しています。人権とは、すべての人が生まれながらにしてもち、自分らしく生きていくために尊重されなければならないものです。同時に、誰しも他者の人権を侵害することは許されません。
 しかし実際には、女性、子ども、高齢者、障がい者、同和問題、外国人、インターネットを悪用した人権侵害など、さまざまな人権問題があります。

お互いの人権を尊重するために
 誰もが家庭、地域、職場や学校など多くの他者と関わりをもって生活する中で、自分の人権を一方的に主張しては互いの人権を尊重することはできません。また、間違った知識や思い込みが偏見や差別につながり、自覚なく自分が差別する側になる場合もあります。
 人権は私たちの日常生活の中にあります。それぞれの立場や違いを認め合い、正しい知識を得よう、理解しようという姿勢が、人権を守ります。これを機に、憲法や人権について考えてみませんか。誰もが自分らしく生活できる社会、人権が尊重される社会を築いていきましょう。

問合先:人権・男女平等推進課人権・同和対策担当 電話:03-5744-1148 FAX:03-5744-1556

まちかどNews

 おもしろいことやこころ和むもの、出来事など、大田区にある身近な情報のお便りをお待ちしています。

問合先:広聴広報課広報担当 電話:03-5744-1132 FAX:03-5744-1503

人間国宝のお2人に区民栄誉賞 区民等特別表彰式

人間国宝のお2人に区民栄誉賞 区民等特別表彰式 3月13日、大田区民プラザで平成27年度大田区区政功労者・区民等特別表彰式が行われました。これは区政の進展に尽力された方々、スポーツ・文化・社会貢献などの分野で顕著な業績のあった
区内在住の方々を顕彰させていただくものです。
 今回は、本阿彌光州(ほんあみこうしゅう)さんと米川文子(よねかわふみこ)さんに「区民栄誉賞」をお渡ししました。
 本阿彌さんは、卓越した技能で国宝や重要文化財に指定された数多くの刀剣の研磨を手がけ、平成26年に国の重要無形文化財、人間国宝に認定されています。また、区民センターでの講演会などを通じ、区内でも刀剣研磨の世界を紹介してくださっています。一方の米川さんは、「筝曲」(琴)の演奏家として20年に国の重要無形文化財、人間国宝に認定されています。現在も精力的に演奏活動をされ、区立小学校で演奏を披露するなど子どもたちに伝統の技を伝えています。
 また今回は「区民等特別表彰者」として書家・金澤翔子さん、マスターズ陸上競技の世界記録保持者・中野陽子さん、世界一の中学生ダブルダッチ・チーム「ROJER(ロジャー)」、これまで15名しか昇格していない柔道十段の保持者・醍醐敏郎(だいごとしろう)さんを表彰しました。

地域の景観を守っています
景観まちづくり賞景観づくり活動部門の表彰

ホタル復活プロジェクト洗足池及び周辺地区における環境保護・育成活動
 (公社)洗足風致協会が中心となって、約80年にわたって環境保護・育成活動を区と協働しながら行っています。かつては都内にも複数あった「風致協会」のうち、現在残っている唯一の団体で、区内の景観まちづくりの歴史が感じられます。地元中学生と連携し、昭和初期に生息していたホタルを復活させる「ホタル復活プロジェクト」を通じて水質改善にも取り組んでいます。

植栽の手入れ池上六・七丁目、東矢口周辺の花とみどりのコミュニティ活動
 地元住民で結成した「なでしこの会」で、歩道の植栽帯の手入れを行っています。活動報告を毎週近隣に配布するなど、人のつながり作りを目的とした地域との交流も活発です。なでしこの会では、会員の意思を尊重しながら、自然体で無理をしない活動を月8回程度行っています。また、育てた植物を使った子ども向けのイベントの開催や、障がい者施設との交流など地域に根差した活動も実施しています。

完成!大田区イメージソング「笑顔、このまちから」

完成!大田区イメージソング「笑顔、このまちから」 区制70周年を契機に制作を開始した大田区のイメージソングが完成しました。昨年、区では区内在住・在勤・在学の皆さんから「あなたの大切な人へ送るメッセージ」と題して曲の題材を募集し、たくさんのご応募をいただきました。これをもとに湯川れい子さんが作詞、千住 明さんが作曲。歌を夏川りみさんに依頼し、「国際都市おおた」の明るい未来を思わせ、誰でも親しみを持って歌える曲に仕上げていただきました。
 5月から区のホームページで試聴いただける予定です。ぜひお聞きください。

湯川れい子湯川れい子
音楽評論家・作詞家。目黒区生まれ。早くからエルヴィス・プレスリーやビートルズを日本に広めるなど、国内外の音楽シーンを紹介し続ける。作詞家として「涙の太陽」「ランナウェイ」「恋におちて」ほかで数多くの賞を受賞している。

千住 明千住 明
作曲家。1960年生まれ。東京藝術大学作曲科卒業。同大学院首席修了。代表作にオペラ「万葉集」「滝の白糸」等。ドラマ「ほんまもん」「風林火山」他数多くの映像音楽も担当。NHK「日曜美術館」のキャスターもつとめた。東京藝術大学特任教授。

夏川りみ夏川りみ
歌手。沖縄県石垣市出身。1999年デビュー。20 01年「涙そうそう」が大ヒットする。2004年日本レコード大賞最優秀歌唱賞受賞。台湾、香港、上海でも公演を行うなど、国境や世代を超えてリスナーを魅了し続けている。

問合先:総務課 電話:03-5744-1142 FAX:03-5744-1505

「命を守る3点セット」が最優秀賞を受賞!

ジャパン・レジリエンス・アワード2016 区が平成27年7月から全戸配布した「命を守る3点セット」が、「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016」において最優秀賞を受賞しました!
 同賞は、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会が主催する表彰制度です。強くてしなやかな国、地域、人づくりに資する活動や、技術・製品開発などに取り組む団体を表彰するもので、今年が2回目の表彰式となりました。
 ご自宅にある「命を守る3点セット」を改めてご覧いただき、自宅周辺の災害の危険性を確認しながら、わが家の防災対策を見直してください。

震災編大田区防災地図 風水害編大田区防災地図 わが家の防災チェックBOOK

問合先:防災危機管理課普及担当 電話:03-5744-1611 FAX:03-5744-1519

インフォメーション

平成28年5月のガイド

8日(日曜日)
大田区子どもガーデンパーティー(区内10会場、午前10時から)

12日(木曜日)
洗足池 春宵の響(洗足池西岸池月橋付近、午後6時30分開演)

27日(金曜日)
シティホールフライディコンサート(区役所本庁舎1階、午後0時15分から0時45分)

28日(土曜日)
大田区民合唱連盟「コーラスフェスティバル2016」(アプリコ大ホール、午前11時開演)

広報番組

シティーニュース おおた【5月の主な内容(予定)】
1から15日 大田区景観まちづくり賞
16から31日 大田区と海苔養殖

J:COM 大田
毎日、午前9時と午後8時から

iTSCOM
月曜:午後4時30分から、火曜:午後7時30分から、水曜:午後6時15分から、木曜:午後3時30分から、金曜:午前11時15分から、土曜:午前9時10分から、日曜:午後9時40分から

(注意)放送時間はいずれも14分間。放送の時間帯が変更になる場合があります。

バックナンバーはYou Tube「大田区チャンネル」で

問合先:広聴広報課広報担当 電話:03-5744-1132 FAX:03-5744-1503

区の世帯と人口(平成28年4月1日現在)

世帯数…377,849世帯 
総人口…715,156人 
     日本人人口…694,544人(男…347,363人 女…347,181人)
     外国人人口…20,612人(男…9,758人 女…10,854人)
面積…60.66km2

ご活用ください「わがまち防災ネット」

 地図上に地域の防災資源が表示されます。スマートフォンやパソコンなどを通じて、身近な防災資源を確認し、いざ!というときに備えてください。

わがまち防災ネット

問合先:防災危機管理課普及担当 電話:03-5744-1611 FAX:03-5744-1519

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX:03-5744-1503
メールによるお問い合わせ(広聴広報課)

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)