このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 教育委員会 の中の 学校教育 の中の 学校給食 のページです。

本文ここから

学校給食

更新日:2019年3月25日

 大田区の学校給食は、成長期の児童・生徒にバラエティ豊かでバランスに富んだ季節感あふれるメニューを、安全・安心な食材を使用して、各学校の給食室で手作り調理し提供しています。また、子どもたちが良い食習慣を身に付け、生涯にわたって健康に過ごすことができるよう食育にも努めています。

1 学校給食の目標(学校給食法より)
(1) 適切な栄養の摂取による健康の保持増進を図ること。
(2) 日常生活における食事について正しい理解を深め、健全な食生活を営むことができる判断力を培い、及び望ましい食習慣を養うこと。
(3) 学校生活を豊かにし、明るい社交性及び協同の精神を養うこと。
(4) 食生活が自然の恩恵の上に成り立つものであることについての理解を深め、生命及び自然を尊重する精神並びに環境の保全に寄与する態度を養うこと。
(5) 食生活が食にかかわる人々の様々な活動に支えられていることについての理解を深め、勤労を重んずる態度を養うこと。
(6) 我が国や各地域の優れた伝統的な食文化についての理解を深めること。
(7) 食料の生産、流通及び消費について、正しい理解に導くこと。

2 学校給食の運営経費
 学校給食法及び同法施行令において、給食費の実施に必要な経費のうち、施設や設備に要する経費、学校給食の運営に要する経費は公費負担とし、それ以外の経費は児童・生徒の保護者が負担とされています。このことから、保護者の皆さまが負担している給食費は全て食材料費に充てられています。

大田区学校給食費(平成29年4月改定)
  月額給食費
小学校 低学年
(1・2年生)
4,100円
中学年
(3・4年生)
4,500円
高学年
(5・6年生)
4,950円
中 学 校 5,350円

3 学校給食における食物アレルギー対応について
 大田区教育委員会では、食物アレルギー対応基本方針を策定し、区立小・中学校の給食において、アレルギー疾患のお子さんが安心して学校生活が送れるよう対応しています。このたび、学校給食のより一層の安全・安心かつ確実な食物アレルギー対応の実現を図るため、平成31年4月1日付けで食物アレルギー対応基本方針を改正しました。なお、対応申出等の用紙は学校からお渡しします。


きなこあげパン給食

4 大田区から日本各地へ! 「あげパン」誕生
 昭和27年頃、嶺町小学校の調理師によって考案されました。「固くなったパンをおいしく食べる方法はないだろうか」と試しに揚げてみたのが始まりのようで、昭和29年の給食日誌に記録が残っています。長い歴史を経てきた「あげパン」は今でも子どもたちに人気のメニューのひとつです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

学務課
保健給食係
大田区蒲田5丁目37番1号(ニッセイアロマスクエア5階)
電話:03-5744-1431
FAX :03-5744-1536
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)