このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 教育委員会 の中の トピックス の中の 東京都公立小中学校現職教員向けの主幹・主任公募及び特別支援学級教員公募について のページです。

本文ここから

東京都公立小中学校現職教員向けの主幹・主任公募及び特別支援学級教員公募について

更新日:2018年10月1日

大田区では主幹教諭・主任教諭及び特別支援学級教員の募集を行います。
区の教育施策に関心を持ち、意欲ある教員のご応募お待ちしております。

実施公募

大田区の教育施策・求める教員像・募集対象・選考方法については、
別紙「公募案内」をご確認ください。

応募要件

  1. 平成31年3月31日現在、都内公立小・中学校に勤務する教員で、現任校に3年以上勤務している者。(主幹教諭については、主幹教諭として現任校に3年以上勤務している者。主任教諭は、教諭としての勤務年数を合算することができます。)

  2. 大田区の教育施策、対象学校の特色ある学校づくりを理解し、高い関心や意欲のある者。

  3. 所属長および所属する教育委員会の推薦を得られた者。ただし、現任校で実勤務年数6年以上の者(主幹教諭については、主幹教諭として現任校に6年以上勤務している者)については、推薦がなくとも応募できます。

(注釈1)応募要件等については、各地区教育委員会及び東京都教育委員会のHPまたは通知文をご覧ください。

注意事項

  1. 他地区の公募を重複して応募することはできません。
  2. 東京都公立学校教員の定期異動実施要綱の「第5異動の方法 1異動地域の指定・ステージ制の活用」に照らし、異なる三つの地域を経験していない者、若しくは2つのステージを経験していない者は、経験のある地域に含まれる地区には、応募することはできません。
  3. 教育管理職及び教育管理職候補者・教育管理職選考受験者は応募できません。
  4. 4級職選考受験者(現在主幹教諭で指導教諭を受験している者も含む)及び主任教諭選考受験者は応募できません。
  5. 主な理由として保育事情や介護事情等、個別の事情を理由とした応募は、公募の趣旨になじみません。

(注釈2)他地区の応募要件等については、各地区教育委員会及び東京都教育委員会のHPまたは通知文をご覧ください。

提出書類

1 公立小中学校教員公募応募用紙(様式2)

(1) 提出先:現在勤務している所属校の校長  

(注釈3)区教育委員会へは直接送付しないでください。

(2) 提出期限
現在勤務している所属校の締切日

2 論文(様式任意)

(1) 提出先:大田区教育委員会指導課教職員係

(注釈4)都庁交換便又は窓口へ持参してください。

(2) 提出期限
10月26日(金曜日)必着


たくさんのご応募お待ちしております。

大田区の教育施策・方針など

教育関連の施設

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

指導課教職員係

電話:03-5744-1437
FAX :03-5744-1665

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)