このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の 東京 2020 オリンピックパラリンピック競技大会 の中の 大会に向けた大田区の取組 のページです。

本文ここから

大会に向けた大田区の取組

画像:大田区3つの基本的考え方

大田区の取組

 大田区は、2020年東京大会を契機とし、区民のスポーツ振興及び健康の増進に寄与し、次世代に向けた夢とレガシーを創出するため、3つの基本的考え方を定めています。

3つの基本的考え方

  • 大会の開催を契機として、「スポーツ健康都市」及び「国際都市おおた」としての取組みを推進する。
  • 「おおた未来プラン10年(後期)」の計画事業をはじめ、積極的かつ大胆な施策を展開し、大田の都市機能・まちの魅力を向上させる。
  • 大会の成功に向けて、大会組織委員会及び東京都に全面的に協力する。
区が目指すレガシ―
事業目標 区が目指すレガシー
スポーツの振興 障がいの有無に関わらず、みんなが楽しめるスポーツ環境が整えられる。
スポーツによる
健康増進
子供から高齢者までスポーツを通じた健康増進の意識が高まる。
国際都市おおたの
観光振興
外国からの来訪者を受け入れる環境が整備されるとともに、国際都市おおたのまちづくりが推進する。
都市機能の向上 区内の回遊性が高まり、来訪者の利便性が向上する。
まちの魅力向上 区民だけでなく来訪者にとっても良好な地域環境が整備され、また、区民が自発的に関わることで、区民のおもてなし意識が高まる。
区内産業の魅力発信 区内企業の連携(産業クラスター)による製品づくり及びその技術力などを世界に発信することで、区内企業への発注が増える。
文化の振興 区民が区の文化を再発見していく。また、国内外から訪れる多くの来訪者に向けて文化をアピールすることで、区の認知度が高まる。人種、国籍、宗教、障がいの有無に関わらず、誰もを受け入れる多様性のあるまちとなる。
大会開催への協力 ボランティア、オリパラ教育、文化プログラムなどに取組むことで、大会への区民の参画意識が高まり、大会後も様々な活動に自主的に参加する区民が増える。
開催気運の醸成 ホッケーやパラリンピック競技への理解が深まり、区民の熱烈な応援により大会が盛り上がるとともに、大会の感動が区民の心に刻まれる。
会場の誘致等 文化やスポーツなどの国際交流が盛んになり、区民の豊かな国際性を育む。
セキュリティ対策 区民や来訪者にとって、安心なまちにするという意識が地域に浸透する。

記事一覧

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)