このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 住まい・まちなみ・環境 の中の 建築物・建築計画 の中の 建築物の液状化対策 の中の 地震で液状化が発生して家が傾いた場合の修復方法 のページです。

本文ここから

地震で液状化が発生して家が傾いた場合の修復方法

更新日:2015年1月5日

主な液状化修復工法は

 戸建住宅の液状化修復工法には、建物や基礎の沈下・傾斜を修復する工法と地盤強度を増大し、建物や基礎の沈下を一定程度修復する工法があります。前者の工法にはポイントジャッキ工法、耐圧版工法、アンダーピニング工法が、後者の工法には注入工法があります。工法の選定には、修復の効果、施工条件、隣地への影響などを考慮する必要があります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

建築審査課

構造審査担当
電話:03-5744-1389
FAX:03-5744-1557
メールによるお問い合わせ
具体的な建築計画に関する事前相談や、建築基準法関連法令等の解釈等に関するご相談、審査中の案件に関する連絡にはご利用できません。諸連絡等は直接担当へ連絡してくださいますようお願いいたします。

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)