このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 福祉 の中の 高齢者の支援 の中の 認知症 の中の 認知症サポーター養成講座 のページです。

本文ここから

認知症サポーター養成講座

更新日:2017年6月7日

お知らせ

●平成29年度 特別出張所等を会場とする認知症サポーター養成講座の開催予定を掲載しました。

●個人で受講できる認知症サポーター養成講座の日程が一部変更になりました。
平成29年8月2日の区役所本庁舎(夜間)は講師の都合により中止になりました。
平成30年2月2日は現在調整中です。


詳しくはこのホームページの「個人で受講する方法」をご覧ください。


認知症サポーターキャラバンのマスコット「ロバ隊長」

あなたも認知症サポーターになれます。

 ご近所の人や地域で働く人たちが、認知症について正しく理解し、認知症の人やその家族が困った時に手助けをしてくれると、認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らしていくことができます。 

認知症サポーターとは

認知症サポーターは
「なにか」特別なことをする人ではありません。

 認知症サポーターとは、認知症の人の「応援者(サポーター)」です。認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族に対して温かい目で見守る人のことです。
 認知症はだれでもなる可能性のある病気です。他人事ではなく自分たちの問題だと考え、自分たちに何ができるか考えてみましょう。 
 ひとりでも多くの人が応援者になることが、認知症になっても安心して暮らしていけるまちづくりの第一歩です。

認知症サポーターになるには

「認知症サポーター養成講座」を受講してください


○ 60分〜90分の講義を受講すれば、どなたでもなることができます。
○ この講座では、DVDやテキストを使い、認知症の症状やその予防、認知症の人に接するときの心構えなど基礎的なことを学びます。
○ 受講者には、テキストのほかオレンジリング(認知症サポーターの目印)をお渡しします。
○ 認知症の介護の方法を学ぶためのものではありません。また、講師が個別のご相談をお受けすることはできません。
○ 団体で受講する方法と、個人で受講する方法があります。
○ 大田区に在住・在勤・在学の小学生以上から受講できます。

(1)認知症サポーター養成講座の内容

認知症サポーター養成講座テキストに基づいて、DVDの上映を交えた60分〜90分の講義が行われます。

【認知症を理解する】
  認知症とはどういうものか/認知症の症状/周辺症状とその支援/認知症の診断・治療/認知症の予防について/認知症の人と接するときの心がまえ/認知症介護をしている家族の気持ちを理解する
【認知症サポーターとは】
  地域で/はたらく場面で/家族の人は

(2)講師

 認知症サポーター養成講座の講師資格をもった「キャラバン・メイト」が講師となり認知症の知識を伝えます。
 大田区では主に地域包括支援センター(さわやかサポート)の職員が講師をします。

(3)費用

 無料です。
 ただし、団体で受講する場合にかかる会場使用料等はご負担いただきます。
 また、テキスト等の送料がかかる場合に、ご負担いただくことがあります。

(4)講座を修了したら


受講者には「オレンジリング」が渡されます

 講座を受講したら、認知症サポーターです。認知症の人とその家族を支援する目印であるブレスレット「オレンジリング」をお渡しします。

「個人」で受講する方法

個人参加のできる認知症サポーター養成講座

下記一覧のとおり開催を予定しています。
開催日・会場・申込方法等については、下記一覧に記載しています。
(予定が変わる場合もあります。ご了承ください)


平成29年度 特別出張所等開催一覧

会場の詳細(地図等 リンク)

大森東特別出張所   ●大森西特別出張所   ●入新井特別出張所   ●馬込特別出張所

池上特別出張所    ●新井宿特別出張所   ●嶺町特別出張所    ●田園調布特別出張所

鵜の木特別出張所   ●久が原特別出張所   ●雪谷特別出張所    ●千束特別出張所

六郷特別出張所    ●矢口特別出張所    ●蒲田西特別出張所   ●蒲田東特別出張所

糀谷特別出張所    ●羽田特別出張所 

「団体」で受講する方法

 地域にある10名以上の事業所、団体、グループ等に対して、キャラバン・メイトが出向いて講座を実施します。
 ご希望の方は下記「ご案内」をお読みの上、「開催申込書」を記入し、開催希望日の45日前までに高齢福祉課へ提出してください。

開催方法について詳しく説明しています。

PDF版です。印刷して申請内容を手書きする場合にご利用ください。

Word版です。申請内容をパソコン等で作成する場合にご利用ください。

(1)申込み条件

 大田区内に在住・在勤・在学の方を中心とした集まりで、10人以上の受講生が集まれば開催可能です。会場は大田区内に限ります。人数に上限はありません。
 ただし、営利目的の場面での開催はできません。

開催を想定している団体(例)
団体 具体例
地域の人たちで 自治会・町会、シニアクラブ(旧老人クラブ)、防災・防犯会、ボランティア団体など
地域の企業・団体で(従事者対象) 商工会、同業者組合、金融機関、スーパーマーケット、宅配業、タクシー業、
新聞販売業、薬局、警察、郵便局、公共交通機関、会社・事業所など
学校で 小学校・中学校・高等学校の児童・生徒、教職員、PTAなど
その他 趣味の集まり、有志のグループなど

(2)ご用意いただくもの

 ・会場の手配(大田区内)
 ・DVDの上映機材

(注釈:1)会場使用料等は主催者がご負担ください。また、テキストを送付する代金をご負担(着払い)いただく場合があります。

(3)その他

● 大田区では、主に地域包括支援センター(さわやかサポート)のキャラバン・メイトの資格を持つ職員が講師のため、休日・夜間の開催はできません。
● 平成27年4月1日より対象を拡大して、介護サービス事業所、介護従事者及び介護専門職の団体も受講対象となりました。 ただし、講座内容や講座で使用する教材は一般区民の方々が受講されるものと同じで、専門職向けではありません。


認知症サポーターキャラバンのマスコット「ロバ親子のキャラバン隊」

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

高齢福祉課

電話:03-5744-1250
FAX :03-5744-1522
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)