このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 国保・年金 の中の 国民健康保険 の中の その他 の中の 保険証 のページです。

本文ここから

保険証

更新日:2015年10月1日

保険証

 保険証(国民健康保険被保険者証)は国保の加入者であるという証明書です。
現在使用中の保険証は,「一般証(色:うぐいす)」と「退職証(色:藤色)」の2種類です。使用方法は同じです。お医者さんにかかるときの受診券です。 大切に取り扱いましょう。
平成29年9月中に新しい国民健康保険証を送ります。新しい保険証は,「一般証(色:濃クリーム色)」と「退職証(色:空色)」の2種類です。

一般証(見本)
一般証(見本)

1人1枚のカード型の保険証です

平成15年4月から、1人1枚の名刺サイズのカード型の保険証が交付されています。

国保の資格がなくなったら

職場の健康保険に加入した方や、大田区から転出した方は、国保をやめる手続きや転出の手続きのときに保険証を返却してください。

紛失、破損の場合は再交付を

区役所または特別出張所の窓口で再交付の申請をしてください。

退職証(見本)
退職証(見本)

有効期限が切れたら

有効期限の過ぎた保険証は無効です。有効期限の切れた保険証はハサミ等で裁断し破棄してください。
(注釈)外国人住民の方は保険証の有効期限は、在留期間の満了日と同日です。在留資格や在留期間に変更があった時は、保険証の更新手続きを国保年金課で必ず行ってください。有効期限が過ぎた保険証は医療機関等では使用できません。

保険証を提示しましょう

保険医療機関で受診する際には、必ず保険証を提示してください。

高齢受給者証

 70歳から74歳の方に高齢受給者証が交付されます(ただし、65歳以上で一定の障害があり認定を受けられた方は後期高齢者医療の対象となります)。この証は、医療機関等の窓口で支払う一部負担割合(本人負担割合)を明記しています。医療機関にかかるときは、保険証とあわせて提示してください。
 なお、高齢受給者証は70歳になる誕生月の翌月(誕生日が1日の場合は当月)から適用となります。

マル「学」証 マル「遠」証

 修学や施設入所のために大田区外へ転出した場合でも、大田区の国民健康保険資格が特別に継続します。 必要書類をご用意のうえ、国保年金課窓口で手続きをしてください。

届け出に必要なもの

  • 世帯主及び異動対象者の個人番号確認書類
  • 手続きに来る方の身元確認書類
  • 在学証明書(学生証は不可) など

世帯主の個人番号書類および届出人の身元確認書類はこちらをご確認ください。

住民票上別世帯の方が手続きに来る場合はこちらをご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

国保年金課

国保資格係(大田区役所4階11番窓口)
電話:03-5744-1210
FAX :03-5744-1516
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)