このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 住まい・まちなみ・環境 の中の 交通安全 の中の 交通ルール・マナーについて の中の 雨の日の交通事故防止 のページです。

本文ここから

雨の日の交通事故防止

更新日:2019年6月18日

雨天時は晴天時に比べて、視界が悪化し路面が滑りやすくなるなど、
運転環境が悪化するため注意が必要です。
特に降り始めからおよそ20分は、路面の泥や埃がゼリー状になり大変滑りやすくなります。

雨天時はどのくらい事故が増えるの?

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。首都高速道路株式会社ホームページ

首都高速道路では、雨天時には晴天時に比べて約4倍の割合で交通事故が発生しています!

運転時に注意するべきポイント

速度は「普段よりゆっくり」を意識して

雨天時には特に、ほんの少しの不注意やミスが大事故につながりかねません。
慎重な運転が要求されるため、速度を普段より落として走行することを心がけましょう。

歩行者や自転車への泥はねに注意

歩道と車道の区別のない生活道路などでは、歩行者や自転車に泥水をはねないよう、
スピードを落とし、水たまりをなるべく避けて走行するなど、最低限のマナーを守りましょう。

急ハンドル、急ブレーキは禁物!

路面が滑りやすくなるとタイヤのグリップ力が下がるため、
不用意に急ハンドルや急ブレーキを行うと横滑りの危険があります。
ブレーキを数回に分けて踏むポンピングブレーキを行うなど、余裕を持って運転しましょう。

歩行者や自転車の動きにも最新の注意を

歩行者も傘により視界が狭くなり、「なるべく濡れたくない」という気持ちから、行動も急ぎがちになります。
自転車も、問題視されている傘差し運転や、滑りやすくなった路面のため、予想外の動きをする可能性があります。
歩行者や自転車の動静には、普段以上に注意を払いましょう。

お問い合わせ

都市基盤管理課

電話:03-5744-1315
FAX :03-5744-1527

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)