このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 福祉 の中の 高齢者の支援 の中の 高齢者の住まい の中の 住宅確保支援事業 の中の 入居者死亡保険加入費の助成(残存家財(遺品)の整理等) のページです。

本文ここから

入居者死亡保険加入費の助成(残存家財(遺品)の整理等)

更新日:2020年11月2日

来庁を検討されている場合は、新型コロナウイルスの感染拡大抑止のため、まずは電話でお問い合わせください。

単身高齢者の入居受け入れの際に抱える入居者死亡への不安を取り除くため、賃貸人等を対象として、残存家財(遺品)の整理費用等をカバーする保険費用への助成制度を開始し、賃貸人の入居受け入れを支援します。

【助成対象】

区内に引き続き1年以上居住し、65歳以上の単身高齢者が新たに民間賃貸住宅の賃貸借契約を結ぶにあたり、残存家財整理費用等をカバーする部分の保険(注釈1)に加入した場合は、1回に限り初回加入費の一部を助成します。

(注釈1)入居する単身高齢者の死亡により生じる、次に掲げるいずれかの損害を補償内容として含む保険又はこれに類するもの

  1. 残存家財(遺品)の整理費用
  2. 居室内修繕、清掃(原状回復)費用
  3. 空き家となったことによる損失家賃

【対象者】

  • 65歳以上の単身者
  • 65歳以上の単身者を新規に入居させた賃貸人及び管理会社
【区からの助成金】
助成金(1回のみ) 助成限度額
支払った保険料の50%(年/戸) 5,000円

助成金支給要件

1. 入居者

  • 過去にこの制度の助成金を受けていないこと
  • 大田区内に居住し、住民登録している世帯であること
  • 区内の民間賃貸住宅に、新たに入居すること(賃貸借契約の終了に伴い再契約する場合は除く。)
  • 所得限度額(前年所得)が2,568,000円以下であること
  • 生活保護または支援給付を受けていないこと

2. 賃貸人及び管理会社

  • 過去に重複する賃借人との賃貸借契約において、この制度の助成金を受けていないこと
  • 区内の民間賃貸住宅に、65歳以上の単身高齢者と賃貸借契約をして新たに入居させ、引き続き居住させること(賃貸借契約の終了に伴い再契約する場合は除く。)
  • 区市町村民税都道府県民税を滞納していないこと

詳しくは住宅相談窓口へお問い合わせください。

関連情報

入居者死亡保険の主な問い合わせ先は下記のとおりです。新たに保険加入を検討される際の参考としてください。
1. 入居者の方 
入居の際に加入する火災保険などの特約で追加される商品があります。詳しくは契約された不動産店に直接お問い合わせください。
2. 賃貸人の方 

火災保険の特約で追加される商品があります。詳しくは加入されている保険会社に直接お問い合わせください。

3. 少額短期保険会社の保険 
残存家財整理費用等の補償を主目的とした単独保険商品があります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。一般社団法人 日本少額短期保険協会(外部リンク)

各保険会社の相談窓口を公開しています。保険情報については、こちらでご確認ください。

お問い合わせ

建築調整課

住宅担当内 住宅相談窓口
電話:03-5744-1343
FAX :03-5744-1558
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)