このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の よくある質問 の中の 分野からさがす の中の 子育て・保育 の中の 母子手帳について のページです。

本文ここから

母子手帳について

更新日:2012年4月1日

Q1質問
母子手帳はどこでもらえますか

Aお答えします

母子手帳は、以下のいずれかの場所で交付しています。
(大田区に住民票のない方、外国人登録をされていない方については交付できません)

区役所 1階うぐいすネット受付窓口

 平日9時から午後7時まで、土日午前9時から午後5時まで。
 祝日および年末年始は休業です。

区役所3階保健所健康づくり課、各地域健康課(区内4ヵ所)、各特別出張所(区内18ヵ所)

 平日午前8時30分から午後5時まで

お問い合わせ
健康づくり課 電話:03-5744-1661 FAX:03-5744-1523

Q2質問
必要な持ち物はありますか

Aお答えします

特に必要なものはありませんが、交付窓口にて「妊娠届出書」という書類に必要事項を記入していただきます。印鑑は不要です。
記入事項には、「妊娠週数」「出産予定日」や「妊娠を確認した病院の名称・所在地」などがあります。

お問い合わせ
健康づくり課 電話:03-5744-1661 FAX:03-5744-1523

Q3質問
本人がもらいに行けないのですが

Aお答えします

本人が来られない場合は、代理の方に交付することもできます。その際、代理の方に「妊娠届出書」(Q2と同じ)を記入していただきます。

お問い合わせ
健康づくり課 電話:03-5744-1661 FAX:03-5744-1523

Q4質問
健診の無料券があると聞きました

Aお答えします

母子手帳交付時に、「母と子の保健バッグ」をお渡しします。その中に、妊婦健康診査受診票(健診の補助券)が入っています。
妊婦健康診査受診票は、一定の金額を上限に健診費用を補助しています。無料券ではありませんので、ご注意ください。
また、妊婦健康診査受診票は都内契約医療機関でのみ使用できます。都外や都内契約外医療機関で健診を受ける場合は使用できませんが、「大田区里帰り等妊婦健康診査費用助成制度」で健診費用を助成します。
詳細は、こちら「妊娠したら」の妊婦健康診査の項目をご覧ください。

お問い合わせ
健康づくり課 電話:03-5744-1661 FAX:03-5744-1523

Q5質問
大田区から転出します

Aお答えします

すでに母子手帳をお持ちの方が、転出する場合、大田区では母子手帳について特に必要な手続きはありません。転出後も、最初に交付されたものを引き続き使用してください。
妊婦健康診査受診票については、転出先が都内の場合、そのまま使用できます。転出先が都外の場合は使用できませんので、転出先の自治体にて、新たな妊婦健康診査受診票を受け取ってください。 

お問い合わせ
健康づくり課 電話:03-5744-1661 FAX:03-5744-1523

Q6質問
大田区へ転入します

Aお答えします

すでに母子手帳をお持ちの方が、転入する場合、母子手帳はそのまま使用できますが、その他必要な書類をお渡ししますので、母子手帳を取り扱っている担当窓口までお申し出ください。

お問い合わせ
健康づくり課 電話:03-5744-1661 FAX:03-5744-1523

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)