このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の よくある質問 の中の 分野からさがす の中の 子育て・保育 の中の 里帰り等妊婦健診について のページです。

本文ここから

里帰り等妊婦健診について

更新日:2012年4月1日

Q1質問
都外の病院で健診を受ける場合、受診票は使えますか

Aお答えします

東京都外の医療機関では、妊婦健康診査受診票が使用できません。
里帰り先の医療機関で健診を受ける際の費用については、後から助成しますので、医療機関発行の領収書を大切に保管しておいてください。
また、都内であっても、受診票を使用できない医療機関で健診を受ける際も、同様の扱いになります。
里帰り等妊婦健康診査費用助成についての詳細は、こちら「妊娠したら」の妊婦健康診査の項目をご覧ください。

お問い合わせ
健康づくり課 電話:03-5744-1661 FAX:03-5744-1523

Q2質問
領収書を確定申告に使用したいのですが

Aお答えします

支払い手続き完了後に返却することは可能ですので、申請時にお申し出ください。

お問い合わせ
健康づくり課 電話:03-5744-1661 FAX:03-5744-1523

Q3質問
途中で転出する場合の費用助成はどのようになりますか

Aお答えします

大田区内に住民票がある期間に、都外等で健診を受けた分については、助成の対象になります。
申請時期は、大田区内に住民票があった期間に、最後に健診を受けた日から1年間以内となります。
上記の期間内であれば、転出後の申請も可能です。

お問い合わせ
健康づくり課 電話:03-5744-1661 FAX:03-5744-1523

Q4質問
大田区へ転入して来ましたが、都外で健診を受けます

Aお答えします

転入された場合、転入後の健診から助成の対象となります。
健診費用助成の取り扱いについては、Q1と同様です。
都外からの転入の方は、申請の際、大田区発行の妊婦健康診査受診票が必要になりますので、転入手続き後に、母子手帳を取り扱っている担当窓口までお越しください。なお、大田区へ転入後に、転入前の自治体で受け取った妊婦健診の補助券は使用できません。

お問い合わせ
健康づくり課 電話:03-5744-1661 FAX:03-5744-1523

Q5質問
出産後の健診は対象になりますか

Aお答えします

対象外です。妊娠中の健診のみ有効です。

お問い合わせ
健康づくり課 電話:03-5744-1661 FAX:03-5744-1523

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)