このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の よくある質問 の中の 分野からさがす の中の 子育て・保育 の中の 児童虐待について のページです。

本文ここから

児童虐待について

更新日:2011年11月11日

Q1質問
児童虐待には、どのような行為があたるのですか

Aお答えします

保護者(親又は親に代わる養育者)によって子どもに加えられた行為で、次のように分類されます。ほとんどが重複して起こっています。
1身体虐待(殴る、蹴るなど)
2性的虐待(性的行為の強要など)
3ネグレクト(養育の放棄又は怠慢)
4心理的虐待(無視、罵声など)

お問い合わせ
子ども家庭支援センター相談調整係 電話:03-5753-7830 FAX:03-3763-0199

Q2質問
子どもにどのような様子が見られたら虐待が疑われるのですか

Aお答えします

程度や頻度にもよりますが、次のようなことにきづいたら、相談機関にご連絡ください。

  • いつも子どもの泣き叫ぶ声や保護者の怒鳴っている声が聞こえる
  • 不自然な外傷(あざ、打撲、やけどなど)が見られる
  • 衣服や身体が極端に不潔である

お問い合わせ
子ども家庭支援センター相談調整係 電話:03-5753-7830 FAX:03-3763-0199

Q3質問
児童虐待を受けたと思われる子どもを見つけたときは、どこに連絡すればよいですか

Aお答えします

あなたからの連絡が子どもを虐待から守るための大きな一歩となります。連絡者の情報は厳守しますので、ためらわずにご連絡ください。
子ども虐待通報専用ダイヤル 電話03-5753-9924
東京都品川児童相談所    電話03-3474-5442
児童相談所全国共通ダイヤル 電話0570-064-000
夜間休日は、警察(110番)又は
東京都児童相談センター   電話03-3208-1121

お問い合わせ
子ども家庭支援センター相談調整係 電話:03-5753-7830 FAX:03-3763-0199

Q4質問
児童虐待を通報するときは、どのようなことを連絡すればよいですか

Aお答えします

虐待通報時は、次の点を聞き取っています。すべてのことが分からなくてもかまいません。虐待と思ったらすぐに連絡をお願いします。

  • 気づいた日時
  • 子ども及び保護者の住所・年齢・性別・氏名などの情報
  • 虐待のおそれがあると思った状況

お問い合わせ
子ども家庭支援センター相談調整係 電話:03-5753-7830 FAX:03-3763-0199

Q5質問
子どもは虐待を受けるとどのような影響があるのですか

Aお答えします

子どもには、次のような深刻な影響が出ます。
1発育・発達の遅れなどの身体症状
2情緒不安定、感情抑制、強い攻撃性などの精神症状
3他人とのコミュニケーション障害、問題行動
4極度の自己嫌悪や自殺願望、アルコールや薬物依存に結びついたり、次の世代に引き継がれることもあります

お問い合わせ
子ども家庭支援センター相談調整進係 電話:03-5753-7830 FAX:03-3763-0199

Q6質問
子どもに手を上げてしまうなど子育てに悩んでいます。どこか相談先はありませんか。

Aお答えします

子育ては本当に大変ですよね。つらさを抱え込まずに、ぜひ私たちにご相談ください。

子ども家庭支援センター  電話03-5753-7830
又はお住まいの地域を管轄する地域健康課
大森地域健康課健康事業係 電話03-5764-0662
調布地域健康課健康事業係 電話03-3726-4147
蒲田地域健康課健康事業係 電話03-5713-1702
糀谷・羽田地域健康課健康事業係 電話03-3743-4163

お問い合わせ
子ども家庭支援センター相談調整係 電話:03-5753-7830 FAX:03-3763-0199

Q7質問
オレンジリボンには、どのような意味があるのですか。

Aお答えします

オレンジリボンは、児童虐待防止のシンボルです。いわれは、平成16年9月に栃木県小山市で二人の幼い兄弟が虐待の末、橋の上から川に投げられて亡くなる事件がありました。これをきっかけに、子ども虐待防止を目指した小山市の市民団体が平成17年にオレンジリボンキャンペーンを始めました。

お問い合わせ
子ども家庭支援センター相談調整係 電話:03-5753-7830 FAX:03-3763-0199

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)