このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 保健・衛生 の中の 災害時医療 の中の 大田区災害時医療職ボランティアを募集しています!! のページです。

本文ここから

大田区災害時医療職ボランティアを募集しています!!

更新日:2019年3月1日

大田区災害時医療職ボランティアとは

 大規模な災害が発生した場合、大田区では救護所(緊急医療救護所、軽症者救護所、医療救護所、歯科医療救護所)や避難所(学校避難所、福祉避難所、妊産婦避難所)を立ち上げて、医療救護活動や保健衛生活動等を行います。
 こうした現場では多くの医療職ボランティアの力が必要となります。そのため区では、看護師、准看護師の他、新たに保健師、助産師、歯科衛生士、柔道整復師、救急救命士を加えた「大田区災害時医療職ボランティア」の募集を開始します。

大震災が発生し、けがをしたら…まず、緊急医療救護所へ!

発災後72時間以降の医療体制について

募集する職種、活動内容等

応募資格、活動内容等
資格 主な活動内容 主な活動場所
保健師 傷病者の応急処置
被災者等の健康管理
緊急医療救護所、軽症者救護所、医療救護所
学校避難所、福祉避難所、妊産婦避難所
助産師 傷病者の応急処置
被災者等の健康管理
妊産婦避難所
看護師・准看護師 傷病者の応急処置
被災者等の健康管理
緊急医療救護所、軽症者救護所、医療救護所
学校避難所、福祉避難所、妊産婦避難所
歯科衛生士 歯科診療補助、歯科保健指導
口腔ケア等
歯科医療医救護所
学校避難所・福祉避難所
柔道整復師 傷病者の応急処置 緊急医療救護所、軽症者救護所
救急救命士 傷病者の応急処置 緊急医療救護所、軽症者救護所

 大田区内又はその近隣区市に在住、在勤又は在学の方で、次のいずれかに該当する方
(1) 保健師助産師看護師法(昭和23年法律第203号)に規定する保健師、助産師、看護師及び准看護師
(2) 歯科衛生士法(昭和23年法律第204号)に規定する歯科衛生士
(3) 柔道整復師法(昭和45年法律第19号)に規定する柔道整復師
(4) 救急救命士法(平成3年法律第36号)に規定する救急救命士

 ただし、次のいずれかに該当する方を除きます。
(1) 区と災害時の協力協定を締結している団体に属しており、災害時には協定の枠組で活動する予定がある方
(2) 地域または職域の防災組織等に属しており、災害時にはその防災組織等で活動する予定がある方

活動の概要

・大田区内で震度6弱以上の地震が発生した場合は、指定された緊急医療救護所等に自主的に参集していただきます。
 参集場所については、申込時にご希望を伺います。(助産師、歯科衛生士を除く)
・医師等の指示に従って、救護所での医療救護活動や避難所での保健衛生活動等を担っていただきます。

(注1) ご自身とご家族の安全を確保し、できる範囲で活動してください。
(注2) 「大田区災害時医療職ボランティア登録証」を参集時にお持ちください。
(注3) 活動中における事故等については、区条例の補償制度で対応します。

申込方法

 次の書類を本庁舎6階の健康医療政策課窓口までご持参いただくか、郵送してください。
(1) 大田区災害時医療職ボランティア登録届(第1号様式)
(2) 本人確認ができる証明書(運転免許証、保険証等)の写し
(3) 資格を証明する医療職免許証の写し

登録内容の変更及び辞退

 災害時医療職ボランティアに登録された方が、登録内容の変更や辞退をしたい場合は、次の書類を提出してください。

研修、訓練

 区では、年1回程度、緊急医療救護所等の内容や役割等に関する研修会を実施しています。また、各緊急医療救護所等での訓練も実施しています。
 登録者の方には適宜ご案内しますので、積極的にご参加ください!

災害時の活動イメージ
 

平常時の活動イメージ
 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康医療政策課

電話:03-5744-1264
FAX :03-5744-1523
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)