このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 職員募集 の中の トピックス の中の 土木職の業務紹介 のページです。

本文ここから

土木職の業務紹介

更新日:2020年4月7日

大田区の土木職員を目指す方向けに土木職の業務についてご紹介します。

併せて大田区の採用パンフレットもご覧ください。
大田区職員採用案内2020

大田区とは

大田区とは 画像

土木職員が主に活躍している部署

課名をクリックすると、それぞれの業務案内ページをご覧いただけます。

まちづくり推進部
都市計画課
防災まちづくり課
都市開発課
建築調整課   

都市基盤整備部
都市基盤管理課
道路公園課
建設工事課    
地域基盤整備課(第一課、第二課)

空港まちづくり本部
空港まちづくり課

公務員としての土木職

業務内容

  • 計画 (長期・短期、技術監理、予算等)
  • 許認可 (審査・指導)
  • 管理 (施設維持・点検、用地、境界)
  • 整備 (工事等の設計、積算、監督)
  • 検査 (工事などの完了検査)

魅力

  • 土木職・建築職の業務は多岐に渡ります。4年程度で人事異動があるため、様々な経験ができ、幅広い知識を得られます。
  • 条例の制定など、自治体にしかできない施策や計画に携わることができます。
  • 建物の竣工後やまちの完成後も、多くの人々に利用されている姿を近くで見届けられます。
  • オンとオフの切り替えができ、ライフワークバランスを保つことができます。
  • 女性も活躍できる職場環境です。

土木工事実績例

多摩川台公園におけるユニバ―サルデザインに配慮した公園づくり
多摩川沿いの丘陵地に約750メートルにわたって展開している多摩川台公園は、
ユニバーサルデザインに配慮した公園改修工事を行いました。

【整備前】
下の写真で示すように、整備前の公園は園路中央の敷石や舗装に平坦性がなく、
車椅子及び高齢者が歩行する際に不便でした。

【整備後】
整備後は、誰もが安心して通行できるよう、舗装の改修を行いました。

また、整備前に通路がなかった場所に、デッキ・園路を新設しました。

これにより、車いす利用者や、高齢者でも使いやすい公園と生まれ変わりました。

多摩川台公園 インターブロッキング舗装改修 画像

多摩川台公園 アスファルトコンクリート舗装改修 画像

デッキの新設について

多摩川台公園 デッキ新設 画像
デッキの新設

多摩川台公園 園路新設 画像
園路の新設

主要プロジェクト紹介

(1)新空港線(蒲蒲線)整備

【新空港線(蒲蒲線)とは】
JR・東急蒲田駅と京急蒲田駅をつなぐ鉄道路線です。
新空港線の効果として、羽田空港と都心間のアクセス強化、
防災機能を兼備する鉄道ネットワーク、首都圏の鉄道ネットワークの拡充が期待されます。

新空港線(蒲蒲線)整備その1 画像

【新空港線整備の全体像】
東急多摩川線矢口渡駅付近から多摩川線を地下化し、
東急蒲田地下駅、京急蒲田地下駅をとおり、大鳥居駅の手前で京急空港線に乗り入れる計画です。
平成29年には、東京都知事に対し、早期着手の要望書を提出するなど、事業着手に向け取り組んでいます。

新空港線(蒲蒲線)整備案 画像

(2)「羽田空港跡地」のまちづくり

かつて羽田空港の滑走路や関連施設として活用されていた広大な土地を、新たなまちとして整備しています。

【概要】
第1ゾーンでは、大田区と民間事業者との官民連携事業として、
土地区画整理事業による基盤整備と併せた産業交流施設等の整備を行っています。
第2ゾーンについては、国が宿泊施設等の整備を官民連携で行っています。

下の画像でそれぞれの完成イメージを示しています。
また、大田区事業として第2ゾーン内に「ソラムナード羽田緑地」を整備しました。

「羽田空港跡地」のまちづくり 画像

【羽田空港跡地第1ゾーン開発プロジェクト】
羽田空港跡地第1ゾーン開発プロジェクトは、大田区のみならず、
日本全体の経済成長に資するため、官民連携により世界と地域をつなぐ
「新産業創造・発信拠点〜HANEDA〜ゲートウェイ」を形成を目指したプロジェクトです。

「羽田みらい株式会社」が区有地を借り受け、整備概要図のとおり、研究開発施設や、
先端医療研究センター、イベントホールなど、多彩な用途からなる複合施設を整備・運営する大規模複合開発します。

羽田空港跡地第1ゾーン開発プロジェクト 画像

【水辺とまちが一体となった賑わいづくり】
羽田空港跡地のまちづくりの一環として、
「羽田空港跡地かわまちづくり計画」を活用した、水辺とまちが一体となった賑わいづくりに取り組んでいます。

下の画像で示す取り組みイメージのように、今後は、水辺の賑わい創出に関わる多様な取り組みを進めていきます。

「羽田空港跡地」のまちづくり その2 画像

【羽田空港跡地第2ゾーンでの取組み】
平成31年4月1日、「羽田空港跡地第2ゾーン」内に、「ソラムナード羽田緑地」が開園しました。

羽田空港から飛び立つ飛行機を望み、自然あふれる多摩川が調和する全国でも稀なロケーションを活かし、

当緑地では周囲を一望できる「展望テラス」や「休憩施設」を整備しています。

【羽田空港跡地第2ゾーンでの取組み】 画像

(3)羽田バス通り無電柱化の整備計画

羽田バス通り無電柱化の整備計画とは、
日本の玄関口にふさわしい羽田エリアの景観形成・防災性の向上を目的として、電柱・電線の地中化を行っています。
無電柱化事業を行うことで、良好な景観形成、防災性の確保、快適な通行空間の確保といった効果が期待できます。

「羽田空港跡地」のまちづくり 画像

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせ 都市基盤管理課
電話:03-5744-1304
FAX :03-5744-1527
メールによるお問い合わせ

採用に関するお問い合わせ 人事課
電話:03-5744-1152
FAX :03-5744-1507
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

トピックス

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)