このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 地域社会 の中の 防災・防犯 の中の 風水害対策 の中の 土砂災害(特別)警戒区域の指定について のページです。

本文ここから

土砂災害(特別)警戒区域の指定について

更新日:2019年2月26日

 「土砂災害(特別)警戒区域」とは、土砂災害防止法(注釈1)に基づき、土砂災害のおそれのある箇所として東京都が指定するもので、大田区内では平成29年3月に18区域、平成30年5月には78区域が指定され、合計で96区域(別紙1、別紙2-1、別紙2-2参照)となっています。大田区では、土砂災害(特別)警戒区域に指定された区域にお住いの皆様に対しチラシ(別紙3参照)を配布し、注意喚起をしています。
(注釈1)正式名称:土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律

土砂災害警戒区域・特別警戒区域の概要

イラスト:土砂災害警戒区域(急傾斜地)の指定基準

◇土砂災害警戒区域(イエローゾーン)の指定基準
 地形に基づいた基準によるもので、以下に該当する区域。
 ・傾斜度が30度以上で高さが5m以上の区域
 ・急傾斜地の上端から水平距離が10m以内の区域
 ・急傾斜地の下端から当該急傾斜地の高さ2倍以内の区域 (最大50m以内)

◇土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)の指定基準
急傾斜地の崩壊があった場合に想定される力等に基づくもので、土砂災害警戒区域内で土石等の移動・堆積により作用する力が通常の建築物に損壊を生じる区域 

避難勧告等の発令と一時避難施設の開設について

 土砂災害警戒情報(注釈2)が発表された場合、大田区では、土砂災害(特別)警戒区域にお住まいの住民の皆様に対して、「避難勧告」等を発令します。「土砂災害(特別)警戒区域」にお住まいの方は、お近くの「一時避難施設(別紙4参照)」に避難してください。避難勧告等が発令された際には、適切な避難行動をお取りいただきますようお願いします。

(注釈2)土砂災害警戒情報とは
 大雨警報(土砂災害)が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度がさらに高まったときに、市町村長の避難勧告や住民の自主避難の判断を支援するよう、対象となる市町村を特定して警戒を呼びかける情報で、都道府県と気象庁が共同で発表するものです。

説明図:避難情報の発令から避難までの流れ

日頃の備えと情報収集について

日頃の備え

自分や家族の身を守るために、日ごろから災害に備えましょう。

風水害の日頃の備えはこちらをご確認ください

情報収集の方法

ご自身で早めに情報を収集していただくことで、安全な避難行動につなげることができます。
 
 (1) テレビリモコンの「dボタン」
   テレビリモコンにある「dボタン」を押すことで、避難勧告等の発令状況を確認することができます。

 (2) 区民安全・安心メールサービス
   事前登録いただいた携帯電話やスマートフォン、パソコンへ避難勧告等の情報を送信します。

区民安全・安心メールサービスはこちらをご確認ください

区内の土砂災害(特別)警戒区域

土砂災害警戒区域マップ

東京都建設局で公開している土砂災害警戒区域マップが掲載されているページです。

 区内の土砂災害(特別)警戒区域をお調べの方は、東京都建設局のページをご覧いただくか、下記の住居表示対照表をご覧いただき、公示図書PDFデータをご確認下さい。

住居表示対照表(住所別)

公示図書データ(区域番号別)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

  • 土砂災害警戒区域の指定について
    東京都建設局河川部計画課
    電話:03-5320-5394
本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)