このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 保健・衛生 の中の 健康づくり の中の その他(情報) の中の 熱中症を予防しましょう のページです。

本文ここから

熱中症を予防しましょう

更新日:2018年5月16日

熱中症を予防しましょう

熱中症とは暑さの中でおこる障害の総称です。温度や湿度が上がり始めると、熱中症で搬送される方が増加します。熱中症を予防して、夏を健康に過ごしましょう。

症状
軽症 めまい、たちくらみ、こむら返り、手足がしびれる、汗がとまらないい
中症 頭痛、吐き気、体がだるい、虚脱感
重症 意識が無い、けいれん、体が熱い、呼びかけに対して返事がおかしい、まっすぐに歩けない

こんな日は要注意!

・急に暑くなる日(梅雨明けは要注意です)
・気温が高い日
・湿度が高い日
・風の弱い日
・日差しが強い日、時間帯

室内でも風通しの悪い場所では熱がこもりやすく、熱中症が起こりやすくなります。
閉めきった寝室は注意が必要です。また、窓の無い台所で料理をする場合も熱中症をおこしやすくなります。

こんな人は要注意!

・高齢者(温度・湿度に対する感覚が弱くなり、汗をかきにくくなったり、熱さやのどの渇きを感じにくくなるため)
・乳幼児(体温調節機能が十分発達していないため。地面に近いほど気温が高くなるため屋外では特に注意が必要です。)
・暑さに慣れていない人
・普段から運動していない人
・肥満の人

予防のポイント

・室内は28℃をこえないように、エアコン・扇風機を上手に利用しましょう。
・カーテンやすだれなどで直射日光を避ける、風通しを良くするなど住まいの工夫をしましょう。
・水分は、のどが渇く前にこまめにとりましょう。アルコール類は、かえって体内の水分を出してしまうので逆効果です。
・涼しい素材の服装など、衣類の工夫をしましょう。
・外出時は、日傘や帽子を利用をしましょう。
・車の中は急激に温度が上昇するので、わずかな時間でも子どもだけを車内に残すことはとても危険です。

熱中症が疑われる人を見かけたら

・涼しい場所へ移動させる
・衣服をゆるめ、からだを冷やす(特に首の回り、わきの下、足の付け根など)
・水分補給

自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!その場合、無理に水を飲ませてはいけません!

熱中症についての情報はこちら

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省 熱中症関連情報(施策紹介・熱中症予防リーフレット・熱中症診療ガイドラインなど)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省 「健康のために水を飲もう」推進運動

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省 STOP!熱中症 クールワークキャンペーン(職場における熱中症予防対策)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。環境省 熱中症予防情報(暑さ指数予報、熱中症環境保健マニュアル、熱中症予防リーフレット)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。熱中症から身を守るために

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京労働局 熱中症の知識と予防・応急処置

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

健康医療政策課

電話:03-5744-1728
FAX :03-5744-1523
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)