このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 住まい・まちなみ・環境 の中の 環境・地球温暖化対策・公害 の中の 工場・指定作業場 の中の 工場を設置又は変更される方へ のページです。

本文ここから

工場を設置又は変更される方へ

更新日:2019年9月19日

 「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(略称:環境確保条例)」(平成12年東京都条例第215号。以下「条例」という。)第81条第1項(設置)又は第82条第1項(変更)の規定に基づき、工場を設置又は変更する者は、あらかじめ区長の認可を受ける必要があります。また、設置又は変更の認可を受ける者は、条例第68条第1項から第77条に規定する規制基準等に適合し、第78条の規定に違反せず、第79条の規定に適合しなければなりません。
認可申請は、設置又は変更の工事を行う予定日の60日前までに提出して下さい。
 認可申請を予定されている方は、事前の相談をお勧めします。担当課までお問い合わせ下さい。
 

1 事前相談

 事前相談は随時行っております。お気軽に担当課窓口へお越し下さい。なお、担当者不在の時もありますので、あらかじめ電話にてご確認下さい。
  【相談時にご用意いただくもの】
  (1)敷地、建物の図面。(案内図、平面図、立面図、矩計図等)
  (2)建物(作業場内)の壁、床の構造及び仕上材が解るもの。
  (3)設置予定機器の一覧。(機器個別の動力数が確認できるもの)
  (4)設置予定機器の配置図。(平面図に記載)
  (5)有害物質等の使用予定の有無。(化学物質の使用を予定される方は、製品の成分(MSDS等)が確認できるもの)
  (6)工事等の予定期間。(スケジュール)
  (7)その他、業種により別途必要となるものがあります。(要相談)

2 工場とは

  条例第2条第7項に規定するもの。(別表第一に掲げるもの)

3 工場の設置と変更の区分
工場の設置 工場をあらたに設置する場合
工場の変更 既設工場で以下の@〜B事項のすべて、又は一部を変更する場合。
@業種並びに作業の種類及び方法
A建物及び施設の構造及び配置
Bばい煙、粉じん、有害ガス、汚水、騒音、振動又は悪臭防止の方法
軽微な変更は除く
4 工場設置又は変更認可手数料(申請時のみ必要です)
区 分 作業場の床面積の合計 手数料
設置認可 500u以下 8,700円
500uを超え1,000u以下 14,200円
1,000uを超えるもの 20,200円
変更認可 7,600円

5 工場設置又は変更に係る手続き

  設置又は変更の認可を受ける者は、申請書に必要書類を添付した正本・その写しの合計2部を工場設置工事開始予定日の60日前までに、区長(担当課)に提出をしてください。
申請時に、規定(4)の手数料をお支払いただきますので、ご用意願います。
申請受付後、審査を行い60日以内に認可又は認可をしない旨の通知をします。
認可と認められるときは「認可書」を交付します。
「認可書」の交付を受けた後に、工事に着手し工事の完成後、完成検査を行い検査の結果、適合すると認められるものには「認定書」が交付されます。(検査前に完成報告書の提出をお願いします。)
 「認可書」及び「認定書」は再交付できませんので、大切に保管して下さい。

6 工場設置又は変更認可申請書

申請書に必要書類を添付した正本・その写しの合計2部を提出して下さい。

7 工事完成届出書

工場の設置又は変更(工事を伴うものに限る。)工事が完成しましたら、その日から15日以内に届出をして下さい。その後、完成検査を実施します。
 変更等(軽微な変更に限る。)がある場合には、変更内容が確認できる図書等を添付してください。

8 関係法令に基づく手続き

ア 騒音規制法・振動規制法
騒音規制法及び振動規制法に係る施設(特定施設)を設置する場合には、認可申請とあわせて手続きが必要となります。
詳しくは「騒音規制法・振動規制法に基づく手続き」をご覧ください。
イ 工場立地法(大田区工場立地法地域準則条例)
業種が製造業等で工場の敷地面積が9,000平方メートル以上、又は建築面積3,000平方メートル以上の工場を設置する場合には、別途手続きが必要となります。
詳しくは、「工場立地法に基づく手続き一覧」をご覧ください。

9 工場設置に係る位置の制限(条例第78条)

別表第八に掲げる工場は、条例第78条(位置の制限)の規定により学校又は病院の敷地の周囲100メートルの区域内に設置してはならないとあります。工場設置(認可)後に学校若しくは病院が設置された場合、又は周囲の状況等から区長が支障がないと認めるときは、除外されます。

10 工場設置又は変更に係る規制基準(条例第68条)

工場の操業に伴い、人の健康又は生活環境に障害を及ぼす恐れが無いように、条例第68条に規定する規制基準(別表第七)を遵守し、ばい煙、粉じん、有害ガス、汚水、騒音、振動又は悪臭の発生等の防止対策を行う必要があります。
ばい煙  燃料や物の燃焼等で発生するいおう酸化物、窒素酸化物又はばいじんをいう。

粉じん  物の破砕、選別等の機械的処理で発生、飛散する物質をいう。

有害ガス 人の健康に障害を及ぼす物質のうち気体状又は微量子状の物質をいう。

汚 水  人の健康に障害を及ぼす物質のうち水質又は土壌を汚染する原因となる物質
 を公共用水域に排水するものをいう。

騒 音  操業に伴って発生する音をいう。
振 動  操業に伴って地盤等を通じて伝わる振動をいう。

悪 臭  操業に伴って発生する臭気をいう。

11 揚水施設の設置(要綱第3条)

 工場内に、揚水施設(井戸)を設置する場合には、「大田区揚水施設設置等に係る事務取扱要綱」の規定に基づく届出が必要となります。(地下水(汚染)モニタリング井戸、及び手押しポンプは除く。)
詳しくは「こちら」をご覧ください。

12 小規模廃棄物焼却炉の設置(条例第126条)

 工場内に小規模廃棄物焼却炉を設置する場合には、別途手続きが必要となります。
詳しくは、「小規模廃棄物焼却炉の設置基準」をご覧ください。

13 環境対策資金(融資)

大田区では、中小企業者の方々に各種の融資を行っています。融資に際しては、条例に基づく工場認可が必要となる場合がありますので、融資担当にお問い合わせください。
 詳しくは、「大田区中小企業融資あっせん制度について」をご覧ください。
融資担当:産業振興課(03-3733-6185)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境対策課
環境調査指導担当
電話:03-5744-1369
FAX :03-5744-1532
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)