このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 国保・年金 の中の 国民健康保険 の中の 受けられる給付(限度額適用認定証、高額療養費など) の中の 海外出産による出産育児一時金 のページです。

本文ここから

海外出産による出産育児一時金

更新日:2018年1月15日

大田区の国民健康保険に加入している方が海外で出産または死産、流産したときに出産育児一時金を支給します。

支給をされる方

・出産・死産、流産された方が大田区国民健康保険に加入をしていること。
・他の健康保険から出産育児一時金が支給をされない方。  

申請に必要な書類

・出産された方の大田区国民健康保険証
・海外医療機関等の出生証明書及び訳文(原本)
・海外医療機関の領収書及び訳文(原本)
・世帯主の日本国内銀行の口座番号が分かるもの(通帳等)
・出産された方のパスポート(出・入国の記載されているもの)
・母子手帳(海外発行の母子手帳も可:ただし訳文を添付してください。)
・世帯主の印鑑(シャチハタ不可)
・世帯主及び出産した方の個人番号確認書類
(通知カード・マイナンバーカード・個人番号が表示された住民票の写し、住民票記載事項証明)

支給額

42万円(国民健康保険料の滞納がある場合はご相談ください)

死産または流産をされた方について

・妊娠期間が85日以上であれば支給します。
・申請に必要な書類の他に死産、流産されたことの医師の証明及び訳文を必ず付けてください。

注意事項

・申請後約1か月半程度かかります。
(渡航の確認や翻訳文の確認のため国内出産より支給決定まで時間がかかることがあります。)
・出産育児一時金は出産日の翌日から2年を経過すると時効となり、申請受付及び支給を受けられなくなりますのでご注意ください。
・書類不備の場合は、世帯主の方か来庁者に書面またはお電話にて連絡をする場合があります。

お問い合わせ

国保年金課

国保給付係
電話:03-5744-1211
FAX :03-5744-1516
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)