このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 住まい・まちなみ・環境 の中の 建築物・建築計画 の中の 建物を建てる際の注意点や法律の規制について の中の 工事現場の危害防止について のページです。

本文ここから

工事現場の危害防止について

更新日:2013年9月25日

 工事にあたって、隣接の建物や居住者、あるいは通行人などに危害を与えることのないように、現場で作業する方はもちろんのこと、建て主も十分注意を払って、工事現場内外の危害防止に努めてください。
 建築基準法施行令では次のように定めています。

1 仮囲い(建築基準法施行令第136条の2の20)

 木造で高さが13mもしくは軒の高さが9mを超える建物、または木造以外で2階以上の建物の工事をする場合、工事中、工事現場のまわりに高さ1.8m以上の仮囲いを設けてください。

2 根切り・山留め工事を行う場合の危害防止(建築基準法施行令第136条の3)

 深さ1.5m以上の根切り工事を行う場合は、地盤が崩壊する恐れがないとき、及び危害防止上支障がないときを除き、山留めを設け、その根入れは周辺の地盤の安定を保持できる深さとしてください。
 土砂の掘削や土砂崩れを防止する山留め工事などを行う場合は、あらかじめ地下に埋設されているガス管、ケーブル、水道管及び下水道管などを破裂、破壊しないように注意してください。
 また、周辺の地盤が沈下しないよう状況に応じて、地盤調査による地層及び地下水の状況を確認してください。万が一、隣家に被害をもたらした場合は、早急に復旧するように対処してください。
 なお、山留めが必要な場合は、土圧に対して構造計算等により安全であることを確かめてください。

3 工事用機械の転倒防止(建築基準法施行令第136条の4)

 工事用の機械等を使用する場合は、その足元を固定し、工事用機械が転倒しないよう注意してください。

4 落下物に対する防護(建築基準法施行令第136条の5)

ダストシュート

 工事現場の敷地及び隣地境界線からの水平距離が5m以内で、かつ地盤面からの高さが3m以上の場所から、くず、ごみ、その他飛散するおそれのある物を投下する場合は、ダストシュートを用いる等、周囲に飛散しないようにしてください。

金網・帆布(シート)等

 工事する部分が工事現場の境界線から水平距離が5m以内で、かつ地盤から高さ7m以上にあたるときは、上部からの落下物による危害防止及び工事におけるはつり、解体工事、外装吹付け等による粉じんを防止するために、必要な部分を金網又は帆布(シート)で覆うなど工事周辺に対して危害を与えないようにしてください。

お問い合わせ

建築審査課

構造審査担当(検査)
電話:03-5744-1389
FAX:03-5744-1557

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)