このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 子ども の中の 教育 の中の 小中学校 の中の 就学(入学、転校等) の中の 入学 の中の 小中学校就学予定者就学援助 のページです。

本文ここから

小中学校就学予定者就学援助

更新日:2018年10月24日

大田区では、ご家庭の事情に応じて、小中学校の入学準備にかかる費用の一部を援助します。

<対象者>

平成31年度入学予定の小中学生のお子さんの保護者で、大田区にお住まいの方のうち、下記(1)(2)両方にあてはまる方は就学援助の対象となります。
(1)生活保護を受けていない方 (生活保護費を受けている方は生活保護費から支給されます)
(2)同一生計を営む世帯全員の平成29年中の総所得金額等が、認定基準所得金額に満たない方

同一生計を営む世帯全員とは、同住所に居住する同一生計を営む人々の集まり、原則として住民票に記載されている人々の集まりを言います。ただし、単身赴任等で一時的に住所地を別にしている家族でも、生計が一緒の場合は同一の世帯員となります。
所得とは、源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」欄の金額、若しくは確定申告書の「所得合計」欄の金額です。

下表の所得金額はあくまで目安です。認定基準所得金額は家族の年齢構成等によって異なります。

認定基準所得金額の目安
世帯
人数
2人 3人 4人 5人 6人
所得の
目安
277万円 345万円 378万円 465万円 515万円
収入の
目安(参考)
411万円 498万円 540万円 648万円 705万円
モデル
ケース
母30歳
子(小学1年生)
父35歳
母30歳
子(小学1年生)
父35歳
母30歳
子(小学4年生)
子4歳
父40歳
母35歳
子(中学3年生)
子(小学4年生)
子(小学1年生)
父40歳
母35歳
子(中学3年生)
子(小学4年生)
子(小学1年生)
祖母65歳

<申請から結果通知までの流れ>

1 申請

申請書は、教育委員会から各家庭に郵送します。
申請書に必要事項を記入のうえ、下記のお問い合わせ・送付先までご郵送ください。

提出期日:平成30年11月22日(木曜日)厳守
(11月22日以降に転入された方にも、別途期日を設けて申請書を郵送します)
中学校就学予定の方は、平成30年度の就学援助が認定(準要保護)されている方に支給いたします。
該当の方には、「入学前支給のお知らせ」を送付いたします。

2 教育委員会における所得の審査

世帯の住民票、平成30年度税務情報、生活保護受給情報等をもとに大田区教育委員会で審査を行います。
なお、入学後の就学援助申請の審査は平成31年度税務情報等をもとに審査を行います。
収入の有無にかかわらず世帯全員(被扶養者は除き、所得のない方や税務署で「所得税の申告の必要はない」と言われた方も含む)の平成29年中の所得の申告を必ず済ませておいてください。

平成30年1月2日以降に大田区へ転入した方は、平成30年1月1日現在、住民登録のあった区市町村が発行する平成30年度住民税課税・非課税証明書(所得金額が記載されているもの。原本)を、申請書と一緒に大田区教育委員会へ提出してください。

平成30年1月1日現在、国外に居住していた方は、下記問合せ先へお問い合わせください。

3 審査結果を郵送します。

12月中旬以降、申請者である保護者宛結果通知を郵送します。
結果の区分は次のとおりです。
【認定】
 平成29年中の世帯全員の所得合計(総所得金額等)が認定基準所得金額未満の世帯
【否認定】
 (1)平成29年中の世帯全員の所得合計(総所得金額等)が認定基準所得金額以上の世帯
 (2)所得の申告が済んでいない等の理由で審査ができなかった世帯 (4月に再申請できます)
【非該当】
 生活保護を受けている方(生活保護費から支給されます)

<支給額と支給時期について>

認定となった場合、3月下旬頃、申請書に記入いただいた金融機関口座へ振込みます。
(中学校就学予定の方は平成30年度就学援助3学期支給分に下記金額を増額して支給いたします)

支給金額表
支給費目 対象 支給金額
新入学用品費 小学校 47,380円
中学校 54,070円

お問い合わせ・送付先

学務課

学事係
大田区蒲田五丁目37番1号(ニッセイアロマスクエア5階)
電話:03-5744-1429
FAX :03-5744-1536
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)