このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 福祉 の中の 介護保険制度 の中の サービス利用者の自己負担額 のページです。

本文ここから

サービス利用者の自己負担額

更新日:2016年4月1日

利用者自己負担額について

 利用者は、原則として利用したサービス費用の1割または2割を自己負担します。

 「福祉用具購入費(1年につき上限額10万円)」と「住宅改修費(ひとつの家屋に対し上限額20万円)」の、手続方法には次の2種類があります。
(1) 一般業者を利用する場合、いったん利用者が費用を全額支払った後、申請により大田区から9割分または8割分が利用者に支給されます(償還払い方式)
(2) 登録業者を利用する場合、9割分または8割分を大田区から業者に支払います。このため利用者は、1割分または2割分の自己負担を業者に支払います。(代理受領方式)
・登録業者について
 区の代理受領方式を実施している登録業者に関する情報および登録方法については、下記担当にお問い合わせください。

 施設サービスを利用する場合の自己負担は、(a) 介護サービス費用の1割または2割、(b) 居住費(滞在費)、食費、(C) 日常生活費などです。
 (a)(b)(c)の合計が自己負担額となります

平成27年8月より介護サービス利用の負担割合が変わりました
介護保険負担割合証について

高額介護サービス費の支給

 1か月の利用者負担の合計(同じ世帯に複数の利用者がいる場合は世帯で合計した金額)が高額になり、上限額(下記「高額介護サービス費の支給」のページ参照)を超えたときは、超えた分が「高額介護サービス費」として支給されます。該当者にはお知らせと申請書をお送りします。対象となる利用者負担は、介護サービス費用の1割または2割負担分に限られます。(特定福祉用具購入費・住宅改修費の1割または2割負担、在宅サービスの限度額を超えた自己負担は対象外です。)

高額介護サービス費の支給

高額介護サービス費等貸付について

 介護サービス費や住宅改修、福祉用具購入の費用を一時的に用意できないときは、保険からの支払いがあるまでの間、区の貸付制度があります。

お問い合わせ

介護保険課

給付担当
電話:03-5744-1622
FAX :03-5744-1551
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)