このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 住まい・まちなみ・環境 の中の 災害に強いまちづくり の中の 環7・環8・中原街道沿道地区計画 のページです。

本文ここから

環7・環8・中原街道沿道地区計画

更新日:2017年6月7日

はじめに

 自動車がもたらす騒音による障害の防止と、沿道の適正かつ合理的な土地利用を図るため、昭和55年5月に「幹線道路の沿道の整備に関する法律」(沿道法)が制定されました。
 この法律に基づき、大田区では環状7号線と環状8号線及び中原街道の一部が沿道整備道路に指定され、大田区環7沿道地区計画、大田区環8沿道地区計画及び大田区中原街道沿道地区計画が策定されました。
 また、これらの沿道地区計画には「沿道地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例」が定められております。
 この手引きは沿道地区計画と、道路管理者である東京都による、負担金や助成金の制度を紹介しその手続きをまとめたものです。
 環7、環8、中原街道の沿道20メートルの範囲で建築などを行うときには、沿道地区計画の届出が必要となります。

沿道地区計画の経過
  大田区環7沿道地区計画 大田区環8沿道地区計画 大田区中原街道沿道地区計画
沿道整備道路の指定 昭和58年11月17日 平成12年3月10日 平成17年4月7日
告示施行日 昭和63年1月11日 平成13年4月1日 平成20年5月1日
告示番号 区8 区140 区266
沿道地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の施行 昭和63年4月1日 平成13年7月1日 平成20年7月1日

沿道地区計画の手引き

沿道地区計画

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。大田区内の沿道地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例(例規の19章第1節)

届出様式

PDF形式

Word形式

助成等の制度について

防音工事助成

沿道地区計画の区域内にある住宅を、道路の騒音が入りにくい構造に改良するとき又は建て替えるときに、一定の条件を満たす場合、その費用の一部を都が助成します。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/douro/gaiyo/bouon.htm

(東京都ホームページ)

緩衝建築物の建築費等一部負担

沿道地区計画の区域内で、騒音が背後に通り抜けないような建築物を建てるとき、一定の条件を満たす場合、その費用の一部を都が負担します。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/douro/gaiyo/kansyo.htm

(東京都ホームページ)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

防災まちづくり課

電話:03-5744-1338
FAX :03-5744-1526
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)